今日21日(火)の天気 晴れるところ多く 中秋の名月は広く観測チャンス

■ 天気のポイント ■

・広く秋晴れ続く 中秋の名月に期待
・九州は次第に天気下り坂
・北海道は雲多めも大きな崩れなし


連休明けの今日21日(火)は高気圧に覆われて、九州から東北では晴れるところが多くなります。昼間は気温が上がり、少し暑く感じられるくらいです。

九州では天気は下り坂に向かい、夜は雨の降り出すところが増えてきます。

広く秋晴れ続く 中秋の名月に期待

今夜の予想天気図 21日(火)21時

中国四国から関東、東北にかけては高気圧に覆われて秋晴れのところが多くなります。

ただ、海から湿った空気が吹き込む太平洋側は雲が多く、にわか雨の可能性がある見込みです。

中秋の名月は日本海側を中心に見られ、太平洋側でも四国から関東にかけての沿岸部を除いて、雲の隙間や雲越しに見られるチャンスがあります。

九州は次第に天気下り坂

九州は太平洋側で雲が広がりやすいものの、昼間は日差しの届くところが多い見込みです。気温が上がり30℃を超える残暑が予想されます。

ただ、前線の接近に伴って天気が下り坂で、長崎県や福岡県など北部から雨が降り出します。夜遅い時間ほど傘が必要です。

北海道は雲多めも大きな崩れなし

北海道は前線の影響で雲の広がりやすい一日になります。それほど厚い雲ではなく、日差しの出るタイミングもある見込みです。

雨の降り出すことはないため、外出時も傘の必要はありません。

ジャンルで探す