台風14号 17日(金)午後に上陸のおそれ 広範囲で大雨や暴風に警戒

台風14号(チャンスー)は、16日(木)18時現在、長崎県五島市の西南西の海上を北北東に時速15kmで進んでいます。ここ数日はゆっくりと動いていましたが、今日の午後から速度が上がっています。

この後はしばらく北上し、次第に東よりに進路を変える見込みです。明日17日(金)の午後には九州北部に上陸するおそれが高まっています。

18日(土)から19日(日)にかけて温帯低気圧に性質を変えながら西日本、東日本を通過する予想で、広い範囲で荒天に警戒が必要です。

▼台風14号 9月16日(木)18時
 存在地域   五島市の西南西約330km
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北北東 15 km/h
 中心気圧   990 hPa
 最大風速   25 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 35 m/s

明日は西日本で非常に激しい雨のおそれ

17日(金)午後の雨の予想

明日17日(金)の午後には台風の中心が九州北部に上陸するおそれが高まっています。

台風周辺の活発な雨雲が通過する影響で、局地的には1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨が降る見込みです。台風の中心に近い日本海側だけでなく、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部や四国など太平洋側でも雨の強まる所があります。

明後日18日(土)は台風もしくは台風から変わった低気圧が通過する東日本や、前線の影響を受ける北日本でも雨が強まります。総雨量は多い所で300mmを超えるおそれがあり、道路冠水や土砂災害、河川の増水などに警戒をしてください。

台風の進路に近い九州などは暴風

17日(金)午後の風の予想

台風から温帯低気圧に変わる過程で、勢力は維持もしくは発達する予想で、全国的に風も強まります。台風の進路に近い九州北部や山陰の沿岸は特に強く、明日17日(金)午後は福岡市などで平均風速が15m/sを超え、瞬間的には30m/s以上の暴風となる見込みです。

18日(土)は台風の進路に当たる東日本だけでなく、東西の気圧差が大きい北日本でも沿岸部を中心に風が強まります。鉄道や高速道路など交通機関への影響や飛来物などのおそれがありますので、出来るだけ今日のうちに飛びやすいものを室内に取り込むなどの対策を済ませ、移動の予定の見直しなども検討をしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風14号の名前「チャンスー(Chanthu)」はカンボジアが提案した名称で、花の名前からとられています。

ジャンルで探す