新型コロナ 最新の感染状況や対応は

西日本や北海道で猛暑日続出 7月ラストも危険な暑さ

今日30日(金)も西日本や北海道で35℃以上の猛暑日が続出しています。
7月ラストの明日31日(土)も体にこたえる危険な暑さとなりますので、万全な熱中症対策が必要です。

西日本や北海道で猛暑日続出

今日30日(金)も暖かな空気が流れ込んでいる西日本や北海道で気温が上昇しました。

15時までに最も気温が上がったのは山口で、37.2℃と体温以上の暑さになっています。全国の猛暑日地点数は昨日より増えて64地点となっています。

北海道では、滝上町で36.5℃まで上がり、旭川でも35.1℃と今月6回目の猛暑日となりました。東京の最高気温は30.5℃で、北海道は東京より暑くなっています。

7月ラストも体にこたえる暑さ

31日の予想気温

明日も引き続き暖かな空気が入るため、西日本や北海道は気温が上昇します。

山口で36℃まで上がり、大阪でも35℃の予想です。

また、北海道も旭川で35℃となっていて、猛暑日日数がさらに増え、真夏日連続日数も19日と記録を更新する可能性が高くなっています。

明日は東京でも晴れる時間が長くなって33℃まで上がる見込みです。

連日、体にこたえる厳しい暑さが続いていますので、万全な熱中症対策が必要です。夜になってもそれほど気温が下がらないため、昼間だけでなく、夜の熱中症にも十分に注意をしてください。
こまめに水分、塩分を補給したり、適切にエアコンを使用するなど、体調管理に十分注意をしてください。

ジャンルで探す