東北から九州で局地的な雷雨 大雨警報や土砂災害警報発表中

今日13日(火)は大気の状態が非常に不安定で、全国の広い範囲で雨雲が発生しやすくなっています。午後になり関東や東北に加えて西日本の内陸部を中心に雨雲が発達してきました。

広範囲に大雨警報が発表中

日本列島の上空5500m付近には-6℃以下の寒気が居座っています。寒冷渦と呼ばれる上空の寒気による低気圧の影響で関東から東北にかけては午前中から雨雲が発達。西日本も午後になって気温の上昇に伴い内陸部や山沿いで雨雲が発達してきました。

14時までの1時間には栃木県宇都宮市で42.0mm、千葉県大多喜町で35.5mm、広島県北広島町・都志見で25.0mmの雨量を観測しています。

解析雨量では1時間に60mm以上の非常に激しい雨になっている所があり、14時10分時点で東北から関東、中国、九州の一部に大雨警報、岩手県と山形県、茨城県、鳥取県、鹿児島県には土砂災害警戒情報が発表されています。

鹿児島県や鳥取県でも激しい雨

土砂災害危険度

梅雨明け前に大雨被害に見舞われた鳥取県や鹿児島県でも局地的に雨が強まっています。自治体が設置した雨量計では鹿児島県薩摩川内市で1時間に40mm以上の激しい雨を観測した所があり、土砂災害の危険性が高まってきました。

気象台は13時40分、鹿児島県薩摩川内市とさつま町を対象に、14時10分には鳥取県倉吉市を対象に土砂災害警戒情報を発表しました。急な斜面など危険な場所には近づかないでください。


広い範囲での雷雨は夕方にかけて続く見込みです。局地的な激しい雨による道路冠水や土砂災害、落雷や突風、雹などのおそれがありますので、警戒が必要です。

ジャンルで探す