鮮やかなダブルレインボーが出現 秋田で雨の後に虹が架かる

局地的な前線の通過により、午後になって雨が降っていた秋田で夕方になり虹が現れました。秋田市では一時的に活発な雨雲が通過し、15時までの1時間に6.5mmの雨を観測。雨雲が東に抜けた後は西から夕日が差し込んで、二重の虹を作り出しています。
まだ、秋田県内には雨雲が残っており、今夜遅くになると日本海から新たな雨雲が進んでくる可能性があります。虹の後にすっきり天気が回復とは行かず、明日19日(月)の朝までは雨の降りやすい状況が続く見込みです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

ジャンルで探す