北陸・東北南部が梅雨明け 8度目となる8月の梅雨明けに

今日8月2日(日)11時、北陸地方および東北南部の梅雨明けが発表されました。

北陸地方は平年(7月24日頃)より9日ほど遅く、東北南部は平年(7月25日頃)より8日ほど遅い夏の到来です。

8月に梅雨明けとなるのは、北陸では2017年以来3年ぶり、東北南部は2013年以来7年ぶりで、両地域とも統計開始以来8度目のこととなります。(梅雨明けを特定しなかった年を除く)

平年より長い梅雨期間に

各地の梅雨明け日

今年は北陸地方および東北南部では6月11日に梅雨入りとなっていたため、平年よりも長い1か月半を超える梅雨となりました。

▼気象庁の発表
北陸地方の梅雨明け
 平年・昨年より9日ほど遅い
東北南部の梅雨明け
 平年・昨年より8日ほど遅い

・梅雨明けには平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討の結果、期日が見直しされる場合があります。

期間中の降水量は2倍前後

今年は梅雨前線の停滞が長く続いたことにより「令和2年7月豪雨」を引き起こすなど記録的な大雨に見舞われ、梅雨期間中の降水量は軒並み平年の2倍前後に達するところも多くなりました。

▼北陸地方の梅雨期間降水量(6月11日から8月1日まで)
 輪島  450.0mm(342.8mm)
 相川  552.0mm(280.9mm)
 新潟  727.0mm(303.2mm)
 金沢  738.5mm(389.7mm)
 伏木  546.0mm(379.9mm)
 富山  613.5mm(399.7mm)
 高田  517.5mm(339.9mm)
 福井  690.0mm(375.1mm)
 敦賀  655.0mm(334.1mm)

▼東北南部の梅雨期間降水量(6月11日から8月1日まで)
 山形  533.5mm(249.5mm)
 仙台  438.5mm(296.1mm)
 福島  466.5mm(265.2mm)

※値は速報値でカッコ内は平年値。

この先の天気・気温

週間天気予報

この先は、高気圧に覆われて晴れる日が多くなります。

ただ、週後半は高気圧の勢力が弱まり、前線の停滞や台風から変わった低気圧の影響で、曇りや雨になる予想です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

ジャンルで探す