今年の梅雨入りは平年より遅い傾向 6月下旬以降は大雨のおそれ

ウェザーニュース梅雨見解2020

ウェザーニュース予報センターの最新見解では、2020年の梅雨入りは、沖縄から西日本、東海、関東甲信で平年より遅くなる予想です。

今年は、5月になると沖縄や奄美で梅雨入りし、5月末から6月中旬に強い雨や大雨のおそれがあります。
6月中旬になると西日本から東北でも雨の季節に入り、6月下旬から7月には大雨に見舞われることが予想されます。

梅雨入り時期は平年より遅いところ多い

2020年 梅雨入り予想(平年比)

沖縄や奄美では昨年と同じくらいで、5月半ばと平年よりはやや遅く梅雨入りする予想です。

昨年は記録的な遅い梅雨入りとなった西日本では、それに比べると半月程度早くなる一方、東海や関東甲信は昨年より一週間程度遅くなる見込みで、平年よりは遅い梅雨入りになります。

東北の梅雨入りはほぼ平年並みで、南部では昨年と比べると一週間くらい遅い梅雨入りとなる見込みです。

各地の梅雨明けの予想は?

2020年 梅雨明け予想(平年比)

梅雨明けは、沖縄や奄美ではほぼ平年並みで、6月下旬頃の予想で、梅雨明けが7月になった昨年と比べると大幅に早くなりそうです。

西日本から東海、関東甲信では7月中旬頃になる予想で、これは平年並みかやや早く、昨年と比べると一週間ほど早くなります。

北陸や東北でも、7月下旬になると梅雨明けする見込みで、平年並みかやや早く、昨年と比べてもやや早い予想です。

梅雨のない北海道では6月は天気が周期的に変わります。7月上旬は晴れる日が多くなるものの、7月中旬からは曇りや雨の日が多くなり、大雨になる可能性もあります。

梅雨期間中は大雨のおそれ

梅雨期間中の大雨メカニズム

梅雨期間中は、高気圧の縁を回って湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になる時期がある見込みです。

沖縄や奄美では5月末から6月半ばにかけて、西日本から東海、関東甲信では6月下旬から7月半ばにかけて、強い雨や大雨となる日が出てくると予想しています。

また、北陸や東北でも7月は梅雨末期の大雨に注意が必要です。

このため、梅雨期間の降水量は、沖縄・奄美や西日本、東海、関東甲信で平年並か多く、北陸や東北では平年並となる予想です。

ジャンルで探す