10日(日)の天気 太平洋側は日差し戻るも寒さ継続

■ 天気のポイント ■

・関東 路面凍結に注意/お出かけ日和に
・西日本の太平洋側は日差し控えめ
・日本海側は広い範囲で雪に
10日(日)は一時的に冬型の気圧配置となります。太平洋側は日差しの戻る所が多く、日本海側は雪が断続的に降りそうです。

上空には強い寒気が居座るため、全国的に真冬の寒さになります。

関東 路面凍結に注意/お出かけ日和に

関東各地は天気が回復し、朝から青空の広がる所が多くなります。

今日9日(土)に雪が降ったエリアでは、朝の冷え込みによる路面の凍結にご注意ください。

昼間は日差しのおかげて気温が上昇。一桁ながらも、0℃前後だった9日(土)に比べれば大幅に高く、日差しの温もりにほっと一息つけそうです。

西日本の太平洋側は日差し控えめ

冬型の気圧配置になるため、西日本の太平洋側は広い範囲で晴れる見込みです。ただ、強い寒気の影響で日本海から雲が流れ込むため、日差しは控えめに。

気温が低く、日差しがなくなると寒さが増します。お出かけを予定されている方は、万全の防寒対策を行うようにしましょう。

日本海側は広い範囲で雪に

上空の寒気の影響で日本海側の広い範囲で雪が降りそうです。

特に、北陸では10日(日)朝にかけて雪が強まり、積雪が大幅に増える所がありますので、朝から雪かきが必要になります。

東北や北海道も、局地的に強まる雪にご注意ください。

ジャンルで探す