15日(火)の天気 連休明けは天気下り坂 北日本は荒天警戒

■ 天気のポイント ■

・北日本は発達した低気圧の影響で荒天
・西日本や東日本も天気下り坂
・関東は風が冷たい連休明けに

北日本は発達した低気圧の影響で荒天

15日(火)21時の予想天気図

日本海にある低気圧が発達しながら北日本を通過します。

北海道は雪が降ったり止んだりで、段々と強まり雷の恐れも。暴風による視界不良や積雪の増加に警戒が必要です。

東北も日本海側を中心に雨、山沿いでは雪やミゾレの可能性も。

夜になるにつれて雪や雨、風が強まります。交通機関への影響の可能性もあるので、最新情報に留意し、早めの帰宅が安心です。

西日本や東日本も天気下り坂

西日本の太平洋側や東海・甲信は、南の海上の低気圧や前線の影響で天気下り坂。段々と雲が広がり、雨が降り出します。外出時に雨が降っていなくても、折りたたみ傘など、雨具があると安心です。

西日本の日本海側や瀬戸内はニワカ雨の可能性あり。北陸も段々と雲が広がり、雨や風が雷を伴って強まる可能性があるので注意が必要です。

関東は風が冷たい連休明けに

関東は、段々とスッキリとしない空になるものの、雨の可能性は低い予想です。

ただし、午後は沿岸ほど風が強まるため、気温以上に寒さを感じそう。防寒はもちろん、風を防げる服装がオススメです。

ジャンルで探す