富士山の不思議な雪化粧 山頂と麓が白い!?

静岡県御殿場市より(11日8時過ぎ撮影)

今日11日(火)朝は、東海や関東で晴れたところが多く、静岡県や山梨県からは富士山がはっきりと見ることができました。

静岡県御殿場市から見た富士山には、山頂だけでなく麓も白くなっているのがわかります。ちょっと変わった雪化粧の仕方となっています。

犯人は南からやってきた“低い雲”

ウェザーニュース設置 ライブカメラ画像 10日(月)10時45分頃

この不思議な装いをもたらしたのは、昨日10日(月)に南の海上から広がってきた低い雲です。

静岡県富士市に設置したライブカメラの映像では、雲の底が1000~1500mくらいと低いものの、山頂付近まではかからないような雲が次々と富士山付近を通過した様子が捉えられています。

静岡県富士宮市より(10日16時過ぎ撮影)

こちらの写真のように、低い雲が消えかけた後の10日(月)夕方には、富士宮市から雲がかかっていたあたりに雪が残っている様子も確認されました。

そのため、この雲が麓にだけ雪を降らせたあと、夜も冷え込んだため、今朝まで雪が残ったままになったとみられます。

今夜からは雪に

今夜から明日12日(水)にかけては低気圧が通過します。この影響で、富士山は雪になる予想です。

次に富士山が現れた時には、また違う姿を見せてくれそうです。

ジャンルで探す