台風6号発生 あす16日(土)にかけて沖縄を直撃 大雨に警戒

台湾付近の熱帯低気圧が発達し、きょう15日(金)9時に、台湾の西で台風6号(ケーミー)になりました。

▼台風6号 15日(金) 9時現在
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     ほとんど停滞
 中心気圧   992 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

あす16日(土)にかけ沖縄・奄美で大雨に

この後は東北東に進み、あす16日(土)にかけて南西諸島に接近する見込みです。
梅雨前線が停滞しているところに台風が接近、通過することで、沖縄や奄美では大雨の恐れがあります。

▼予想される雨量(多いところ)
 1時間降水量  50mm超
 総降水量   300~400mm


平年の6月1ヶ月間の降水量に匹敵する雨量が、数日で降るおそれがあります。道路冠水や浸水、土砂災害などに警戒してください。

6月に入って、台風発生が相次ぐ

6月に入ってすでに、4号、5号が発生しており、これで今月発生する台風は3個目となります。6月に3個以上の台風が発生するのは、2013年に4個発生して以来、5年ぶりのことです。

台風の名前「ケーミー」

「蟻(アリ)」を意味する韓国語。
台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

ジャンルで探す