大阪・高槻の川で溺れた重体の女児死亡

 大阪府高槻市の芥川で7日、川遊びをしていた祖父と孫3人がおぼれ、祖父と男児が死亡した事故で、意識不明になっていた小学6年の岸下海(うみ)さん(11)=同府茨木市=が死亡したことが12日、大阪府警高槻署への取材で分かった。この事故の死者は計3人となった。
 海さんは、祖父の城津国清(しろつ・くにきよ)さん(73)=同府高槻市、弟の岸下太紀(たいき)君(7)、妹(9)と4人で川に遊びに来ていた。4人とも救急搬送されたが城津さんと太紀君は7日に死亡、海さんと妹が意識不明の重体となっていた。

ジャンルで探す