京都・路上殺傷、過剰防衛を認定 地裁判決

 平成29年の大みそかに京都市伏見区の路上で男性2人が刺されて死傷した事件で、殺人と殺人未遂の罪に問われた無職、中村正勝被告(51)の裁判員裁判の判決公判が12日、京都地裁で開かれた。斎藤正人裁判長は、殺人未遂罪については正当防衛に当たるとして認定せず、懲役7年(求刑懲役22年)を言い渡した。
 公判では、中村被告が口論となった2人を刺した行為が正当防衛に当たるかどうかが争点だった。
 斎藤裁判長は判決理由で、死亡した大津市のアルバイト、猪飼将希さん=当時(27)=に対する殺人罪について、「素手の状態で近づいた猪飼さんの胸付近を狙って2回突き刺しており、致命傷を負わせる危険性の高い行為」と述べ、過剰防衛にあたると判断した。
 一方、猪飼さんの知人男性(47)への殺人未遂罪については、中村被告が小刀を示したところ、男性がプラスチック製のケースで殴打してきたことから、「小刀で反撃するのはやむをえなかった」と指摘。正当防衛が成立するとして無罪を言い渡した。
 判決などによると、29年12月31日午後3時ごろ、京都市伏見区肥後町の路上で、猪飼さんの胸を小刀で刺して殺害した。

ジャンルで探す