阪急神戸線踏切で男性が電車にはねられ死亡 車いすで立ち往生か

 16日午後7時15分ごろ、神戸市灘区の阪急神戸線王子公園-六甲間の踏切内で同区の無職男性(73)が神戸三宮発西宮北口行き普通電車(8両編成)にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。電動車いすで踏切を横断中だったという目撃情報があり、兵庫県警灘署が詳しい状況を調べている。
 同署によると、男性は踏切を1人で南側から北側へ渡っていた。運転士が線路内で立ち往生する男性を発見し、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。目撃者は「車いすの男性が線路上で立ち往生しているようだった」などと話しているという。
 この事故の影響で、同線は夙川-新開地間の上下線で約2時間運転を見合わせた。

ジャンルで探す