黙秘していた籠池被告、補助金詐欺認める方針 森友学園運営幼稚園の補助金不正受給で

 学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府・市の補助金を不正受給したとされる事件で、詐欺などの罪で起訴された学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典被告(65)が、起訴内容を大筋で認める方針であることが16日、関係者への取材で分かった。籠池被告は捜査段階で黙秘していた。共謀したとして起訴された妻の諄子(じゅんこ)被告(61)は否認する方針という。
 起訴状によると、両被告は平成23~28年度、学園が運営する幼稚園で障害などで特別な支援が必要な「要支援児」や教職員の人数を偽るなどし、大阪府・市の補助金計約1億2千万円をだまし取ったとされる。
 関係者によると、籠池被告は大阪地検特捜部に逮捕された後、取り調べで黙秘していたが、弁護側は大阪地裁で行われている公判前整理手続きで、起訴内容について大筋で認める意向を示した。
 諄子被告は「補助金申請について詳しく知らなかった」などと主張して否認する方針という。
 両被告は大阪府豊中市の国有地で開校を目指した小学校建設をめぐり、国の補助金約5600万円を詐取したとされる詐欺罪でも起訴されているが、これについては両被告とも同罪の成立を争うとみられる。
 両被告は、昨年7月末に逮捕されてから勾留が続いている。非公開の公判前整理手続きでは、裁判で取り扱う証拠や争点について協議しているが、公判がいつ始まるのかは見通せない状況だ。

ジャンルで探す