「女性儀仗隊」今夏デビュー 兵庫県警、全国で初めて

 社会における女性の活躍推進などを目的に、兵庫県警が来年度、各種式典で国内外の要人を整列して迎える「儀仗(ぎじょう)隊」を、女性警察官のみの編成で出動させることが15日、県警への取材で分かった。警察が女性儀仗隊を編成するのは全国初で、今年夏にデビューする。
 県警では各種式典や勲章の伝達式、殉職警察官の慰霊祭などの場で臨時に儀仗隊が編成され、男性の機動隊員15人が礼服を着用し会場に整列。要人ら対象者に対して敬意を示してきた。昨年は9回出動している。
 県警によると、来年度、音楽隊に所属する女性メンバー6人に対し、新たに儀仗隊の任務を付与。礼服は男性同様に夏は青色、冬は黒色を基調にしたデザインとする。
 6人のメンバーは今後、整列や行進など儀仗の訓練を重ね、今年夏の兵庫県政150年に合わせた関連行事で出動する。

ジャンルで探す