踏切で自転車の69歳男性転倒 電車にはねられ死亡 南海高野線

 14日午後9時50分ごろ、大阪府大阪狭山市金剛の南海電鉄高野線大阪狭山市-金剛間の踏切で、線路上に自転車とともに倒れていた近くに住む男性(69)が、難波発河内長野行き普通電車(6両編成)にはねられ死亡した。乗客約100人にけがはなかった。
 大阪府警黒山署によると、男性は自転車で仕事から帰宅途中、踏切内で転倒したとみられる。運転士は踏切の手前で男性に気づき、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。
 南海電鉄によると、この事故で、南海高野線難波-橋本間の上下線46本が最大94分遅れ、うち27本が運休し、約9千人に影響した。

ジャンルで探す