【世界ミニナビ】中国・超高層ビル転落死の波紋…「自撮り」の悲劇は世界各地で

 自撮りをめぐる問題が世界各地で起きている。中国では超高層ビルから転落死した男性が、自撮り動画で病気の母の治療費を稼ごうとしていたと報じられた。イラクではミス・ユニバースの代表がイスラエル代表と撮った写真で脅迫を受け、家族が国外に逃げる憂き目にあった。インドでは、野生ゾウに押しつぶされる事件が頻発している。
62階建てビルの縁で懸垂
 中国紙チャイナ・デーリーなどによると、湖南省長沙市の62階建てビルで昨年11月8日、屋上の縁に手を掛けて懸垂するパフォーマンスをしていた呉永寧さん(26)が手を滑らせて落下し、死亡した。
 呉さんは超高層ビルやタワーで危険な離れ業を行う「ルーフトッパー」として知られていた。命綱なしでの逆立ちや回転などを撮影して投稿し、ソーシャルメディアで130万以上のフォロワーを得ていた。
 呉さんの動画投稿がストップしたため、フォロワーの間で事故の発生を懸念する声が出ていたところ、呉さんの恋人が約1カ月後、SNSに死去を書き込んだことで明らかになった。
 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストなどは、呉さんは貧しい家庭で育ち、今回の動画で10万元(約170万円)の賞金を得ようとしていたと報じた。呉さんはこれを、精神的な病で入院する母親の治療費にあてたいと話していたという。また恋人はこの挑戦のあとにプロポーズされることになっていたとし、結婚費用を稼ぐ目的もあったと述べた。
過激をあおる報償
 呉さんの転落死をきっかけに中国では、映像プラットホームを提供する企業や、視聴者の側にも厳しい目が向けられつつある。
 英BBCは、呉さんが500本以上投稿していたサイトが、昨年6月まで呉さんの動画を一押しコンテンツとして推奨していたと中国メディアの報道を引用。呉さんはこれらの動画で、55万元(約935万円)以上を稼いでいたという。
 BBCは、中国の多くの動画投稿サイトでは、現金交換可能なバーチャルギフトをフォロワーらが投稿者に与えることができるようになっているとし、この報償も過激さをあおる一因だと指摘しつつ、中国国内の様々な意見を紹介した。
 人気のディスカッションサイトには「呉氏の動画に『いいね』をクリックした人はみな、死へのクラウドファンドに参加していたも同然だ」「見たり褒めたりすることはビルから飛び降りよと促しているようなもの」などの意見があった。
 チャイナ・デーリーは、複数のSNSサイトで、危険なスタントを含む動画の視聴や投稿を制限したり禁じる動きがあると報じた。
「平和と愛」に殺害脅迫
 自撮りはしばしば政治的な問題も引き起こす。イラクではミス・ユニバースのイラク代表がイスラエル代表と一緒に自撮りした写真をSNSに投稿したところ、イスラエルを敵視するアラブ社会から非難や殺害を含む脅迫が殺到した。
 ミス・イラクのサラ・イーダンさん(27)は昨年11月、「平和と愛を ミス・イラクとミス・イスラエルから」とのメッセージを添えて、米ラスベガスの会場で撮った写真を投稿した。
 BBCによると、イーダンさんはイスラエル代表の女性に、互いの国の人々に平和が訪れるよう一緒に写真を撮ろうと提案されて快諾し、双方がSNSに写真を投稿したという。
 写真は好意的なメッセージを多く集めた一方で、批判も多かった。イーダンさんは音楽を学ぶため米国に渡り米国に住むが、脅迫に身の危険を感じた家族はイラクから出ることを余儀なくされたという。
 ミス・ユニバースから長く遠ざかっていたイラクで、イーダンさんは45年ぶりの代表でこれを誇りとしていた。CNNに対し、「こんなことになるとは予想もしなかった」と落胆を示す一方、「間違ったことをしたとは思っていない」と気丈に話す。写真はSNSに残したままだ。
ゾウが鼻を巻き付ける
 野生動物との自撮りによる事故も多い。BBCにはインド東部のオリッサ州で昨年12月、ゾウと一緒に写真を撮ろうとした男性が鼻を巻き付けられて死亡したと報じた。町に現れたゾウのまわりに人だかりができ、うちひとりの男性が近づきすぎたという。
 同州では昨年9月にも自撮りを試みた男性がゾウに襲われ死亡する事件が発生し、逃げようともがく映像がネット上で拡散したという。
 インドでは森林での食べ物不足のためゾウが人家のある場所にしばしば現れる。関係者は、自撮りの過熱による事故の増加を懸念しているという。

ジャンルで探す