アイスを買いに…横断中の5歳男児はねられ死亡 兵庫・西宮

 1月13日午後5時20分ごろ、兵庫県西宮市山口町中野の県道で、信号のない横断歩道を渡っていた男児(5)が乗用車にはねられた。男児は市内の病院に搬送されたが、体を強く打ち約10時間半後に死亡した。
 西宮署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、車を運転していた同市すみれ台、パートの正親(おおぎ)美智代容疑者(66)を現行犯逮捕。今後、過失致死に切り替えて捜査する。
 同署によると、事故を目撃していた通行人の女性が110番。男児はアイスクリームを買いに行くため、1人で店に向かっていたという。
 現場は片側1車線の見通しのよい直線の道路。

ジャンルで探す