国内

「パパ活」装い女性6人から400万円分のブランド品持ち逃げ、49歳無職男を逮捕 大阪・ミナミ

 女性がインターネットなどで知り合った相手から経済的支援を受ける「パパ活」の男性役を装い、ブランド品を買わせて持ち逃げしたとして、大阪府警南署は8日、窃盗容疑で、兵庫県西宮市枝川町、無職、梅(うめ)景(かげ)典之容疑者(49)を逮捕・送検したと発表した。
 同署によると、20〜30代の女性6人が腕時計やバッグなど総額415万円相当の被害にあったという。
 同署によると梅景容疑者は出会い系サイトで「月50万〜60万円を支払い、高級な食事や買い物をさせる」と宣伝。実際に会った女性に、「今日は僕の誕生日だから形だけでもプレゼントがほしい。金は後から渡す」と要求し、ブランド品の腕時計や財布、衣類を購入させていた。その上で「(ブランド品を)持ち運ぶのは危ないから」と持ちかけ、南海難波駅構内にあるコインロッカーに預けさせた。
 梅景容疑者はこのとき、「金をおろしてくる」と言い残してその場を離れたが、しばらくしても戻らなかった。梅景容疑者は、不審に思った女性が交番に相談するために現場を離れた隙にロッカーに戻り、預けたブランド品を盗むといった手口を繰り返していたという。
 逮捕・送検容疑は昨年11月13日に府内の20代女性からブランド「アルマーニ」コート1着(約70万円相当)を盗むなど、同年3月から同11月にかけ、20〜30代の女性6人から高級ブランド品など計415万円相当を盗んだとしている。
 昨年3月、被害女性から申告があり発覚した。
 パパ活は、若い女性が食事やデートの対価に金銭などを受け取る関係とされる。