国内

【台風18号】貝塚市で大阪湾沿岸住民1万5千人に避難勧告 高潮警戒

 近畿地方に17日夜に最接近した台風18号の影響で、大阪府内では吹田市の女性(66)が風にあおられて転倒し骨折するなど、少なくとも4人がけがをした。貝塚市では高潮被害を懸念して一部住民に避難勧告を発令するなど、各自治体は新たな被害への警戒を呼びかけている。
 吹田市の地元消防などによると、17日午後6時35分ごろ、女性が自宅の玄関ドアを開けた際に、風にあおられて転倒。病院に搬送されたが右太もも骨折の重傷。また、大阪市内では自宅マンションのリビングに流れ込んだ強風で室内のガラス扉が割れ、破片に触れた男性(14)が右腕に軽い切り傷を負って病院に搬送された。寝屋川、茨木両市でも屋外で転倒した45歳と64歳の女性2人がそれぞれ軽いけがをした。
 大阪湾沿いの貝塚市では気象庁が高潮警報を発令したことを受け、沿岸の住民ら約1万5千人を対象に避難勧告を出した。府内約30市町村も学校体育館などに避難所を開設しており、100人以上が避難した。