額を割られ、顔面血だらけの姿はまるで「赤鬼」…北斗晶vs神取忍、女子プロレス伝説の“喧嘩マッチ”を制したのは?

「猪木を生きて返すな」黒いジャンパー姿の男たちが襲撃…アントニオ猪木、伝説の“喧嘩マッチ” から続く

 日本プロレス界の父・力道山は「プロレスはルールのある喧嘩である」と言った。ルールに基づいて行えば、どんなに激しい流血戦も、ただの喧嘩でなくプロレスになるのである。

【画像】まるで「赤鬼」…伝説の喧嘩マッチ、流血しながらの勝利の瞬間を見る

 しかし、時にはその範疇を越えた不穏試合や「喧嘩マッチ」と呼ばれる試合もある。1993年4月2日に横浜アリーナで行われた「北斗晶VS神取忍」戦は、女子プロレス界で誕生した伝説の喧嘩マッチだ。

 ここでは、『プロレス喧嘩マッチ伝説―あの不穏試合はなぜ生まれたのか?』(彩図社)から一部を抜粋し、「北斗晶VS神取忍」戦の一部始終を紹介する。(全2回のうち1回目/アントニオ猪木編を読む

北斗晶さん ©時事通信社

◆◆◆

女子プロレス、伝説の喧嘩マッチ

 1993年4月2日、全日本女子プロレスの横浜アリーナ大会にて初の女子プロレスオールスター興行「ALL STAR DREAM SLAM」が開催された。

 この大会のセミファイナルで組まれた全日本女子の北斗晶とLLPWの神取忍の一戦は、「デンジャラス・クイーン決定戦―横浜極限―」というタイトル名の通り、プロレスを超えた危険で壮絶な喧嘩マッチを展開、伝説の名勝負として後世に語り継がれている。

 北斗は1985年に全日本女子でデビュー。かつて首の骨を折る重傷を負うも奇跡のカムバックを果たす。1992年にヒールに転身、ブル中野との抗争やFMW女子との対抗戦、オールパシフィック王座戴冠で注目を浴び、神取戦はレスラー人生最大の大一番だった。

 一方の神取は世界柔道選手権大会3位の柔道エリート。第二の人生として女子プロレスを選び、ジャッキー佐藤との不穏試合の一件もあり、「神取最強説」が流れていた。1992年に旗揚げされたLLPWではエースに君臨している。

 試合開始のゴングが鳴り、眼光鋭い睨み合いから互いが歩み寄る。「やるか! オラ」と怒鳴りながら近寄るといきなり、右ストレートで神取をダウンさせた北斗は、マイクで「神取! テメーの実力はそんなもんか! 立ってみろ!」と挑発。まるでアントニオ猪木vs 大木金太郎で、猪木がレフェリーチェック中に大木の顔面にパンチを打ち込んだシーンを見るかのようだ。

 立ち上がった神取にトーキックと張り手ラッシュで襲い掛かる北斗だが、神取が張り手とラリアットを見舞う。ダウンを奪うとすかさず北斗の左腕を極めにかかる神取。

 “関節技の鬼”藤原喜明直伝の腕折り固めが極まり、北斗は悶絶しながら肩を抑えて場外にエスケープする。神取は場内の観客に「折ってやったぞ!」とアピール。どうやら神取の腕折り固めにより北斗の肩は壊れてしまったようだ。悲鳴をあげる北斗に、セコンドがかけつけ介抱する。

 諦めない北斗はリングに生還する。神取が北斗の左腕を踏みつけながら、「折ってやるよ」と叫ぶと北斗は「折れるものなら折ってみろ!」と口で挑発する。神取がエルボーの連打を打ち込むと、北斗は神取の頭を抑えながら張り手の連打を返す。北斗のキックを捕らえ、足関節技に移行しようとする神取。すきがあれば関節技を仕掛けてくる神取に対し、北斗が強引に逃れるというシーンが続く。

額を割り流血…その姿はまるで“赤鬼”

 神取のプロレス技は実に粗削りで、ボディスラムにしてもラリアットにしても、形の綺麗さよりも痛めつけることに重きを置いてる。どこか神取のプロレスには小川直也のようなムードがある。

 場外戦になると神取が本部席にツームストン・パイルドライバーを放つと、北斗は額を割り流血、大ピンチに陥る。サブレフェリーが「ギブアップか」と尋ねるとうめき声をあげながら「NO!」と叫ぶ北斗。

 なんとかリングインした北斗に神取は額へのパンチ、走り込んでの顔面へのケンカキック(ビッグブーツ)を見舞う。北斗はその蹴り足を捕らえてテイクダウンさせると、場外戦に持ち込み、神取を蹂躙。鉄柵に何度も顔面をぶつける。すると今度は神取が流血する。ダメージが色濃い北斗はリングに戻る際も、鉄柵につかまり這うように戻る。

 神取の顔面を踏みつけ、ケンカキックを見舞う北斗。だが神取も反撃。顔面を蹴り上げると、ブレーンバスターの体勢から場外に落とすと、プランチャを決行。リング内に戻ると腕関節で攻める。北斗の関節が極められる度、場内は悲鳴に包まれる。

 続いてチキンウイング・フェースロックを狙うも北斗はロープエスケープ。だが北斗の生命力は凄まじい。神取に受け身がとりにくい低空パイルドライバーを決めると、ロープに振って顔面にスピンキックを炸裂させた。

 神取は北斗の2回目のスピンキックをかわすと足関節技を狙う。北斗の流血はさらにひどくなり、赤鬼と化している。追い打ちをかける神取はDDT、三角絞め。対する北斗はブレーンバスターからダイビング・ボディプレスを決める。

 とにかく神取は相手の技を極力受けずに一方的に攻めるタイプ。一方の北斗は相手の技を受けた上で倍返しするタイプ。この試合は、新日本vs UWFや異種格闘技戦のようなイデオロギー闘争のようなムードもある。

 ここで神取は得意技のハイアングル・パワーボム、スイング・スリーパーからグラウンドの片羽絞めで絞め上げる。北斗はジャーマン・スープレックス・ホールド、サンダーファイヤーパワーボム、さらにトップロープに乗ってからのトぺ・コンヒーロ(形としてはスワンダイブ)、コーナーに上がり捨て身の場外ミサイルキックを敢行。ここで北斗は必殺技ノーザンライトボムを狙うも神取が腕十字で切り返す。北斗は暴れて抵抗してロープに逃れる。技術ではないガムシャラなディフェンス。

 神取は続いてタイガードライバーを見舞う。北斗はそれを2カウントで返すと、神取のラリアットをブロックしてからのバックドロップホールド。しかし、これも2カウントで決まらない。

 フラフラになりながらも立ち上がる両者に大声援が飛ぶ。北斗は必殺技ノーザンライトボムを放つも、2カウント。2発目のノーザンライトボムを狙う北斗だったが、なんと神取が掟破りのノーザンライトボム! 北斗は間一髪のところでキックアウトする。

 互いに得意技を出した。肉体的にもボロボロで疲労困憊。ここで北斗は右フックを神取にぶちこむと、神取がゆっくりとダウン。今度は神取が右フックで北斗をダウンさせる。

 試合は30分を経過した。死力を振り絞ったまさにデスマッチ。両者はなんとか立ち上がるとナックルのカウンターとなりダウン。どうやら北斗のパンチが先に神取に当たったようだ。大の字に倒れる神取のもとまで這いつくばって進み、フォールする北斗。ここで3カウントが入った。勝負タイムは30分37秒。死闘を制したのは北斗だった。

“デンジャラスクイーン”北斗晶のスゴさとは

 なかなか起き上がれない北斗に対し、先に起き上がった神取はマイクで「北斗! これで終わりじゃねーよ」とアピールしてリングを降りた。神取は確かに強かった。最強説が飛び出すほどのファイターであることは疑いようがない事実だった。

 一方、勝った北斗。神取との喧嘩マッチを制し、「お前はプロレスの心がない! プロレスはプロレスを愛する者しかできない! 柔道かぶれのおまえに負けてたまるか」とマイクで叫び、セコンド陣に支えられながらリングを後にした。

 この試合に関しては、北斗は死んでも神取の攻撃を返すつもりでリングで闘っていたのではないだろうか。ファイターとして技術、肉体的な強さは、神取に分があるのかもしれない。だが、試合をコントロールするプロレスラーとしての技術や才覚は、北斗の方が神取の何倍も長けているように見えた。北斗がプロレスラーとしてこの一戦に勝利した意義は大きい。

 北斗が「デンジャラスクイーン」と呼ばれるカリスマになり、神取が「女子プロレス界最強の男」と呼ばれるターニングポイントとなった伝説の喧嘩マッチ。横浜アリーナは試合後もずっとその熱狂に酔いしれていた。

(ジャスト日本)

ジャンルで探す