実の兄に「精子をください」と頼んだら…トランスジェンダーの僕が、女性のパートナーと結婚、2児の父親になるまで

「親からもらった体はいじり倒したけど…」トランスジェンダーパパ(38)が語る、どうしても“変えられなかったもの” から続く

 女性としての性を割り当てられて生まれたが、現在は男性として生きる、石川まさきさん(38)。女性のパートナーと結婚し、その後、実兄から精子提供を受けて子どもをもうけ、今や2児の父に。さまざまなセクシュアリティの人たちが集うバーのオーナーとしても活躍しています。

【画像】現在は2児の父…仲睦まじい、まさきさんファミリーを見る(全5枚)

 今回は、実兄に「精子をください」とお願いすることからはじまったFTM(※)の子作りについて聞きました。(全3回の3回目/最初から読む

※「Female to Male」の略。女性の体で生まれてきたが、男性として生きることを望む人のこと。

 

◆◆◆

――「結婚して家庭をもつのが夢だった」とおっしゃっていましたが、まさきさんが法律婚にこだわった理由は?

石川まさき(以下、まさき) パートナーに何かあったとき、婚姻関係がないと手術の同意や面会ができないとかがすごく嫌で。紙きれ一枚とは言いますけど、僕は絶対必要だと思っていたんです。

――何かあったときのために、関係性を証明するものとして法律婚を望まれていたと。

まさき あとは、幼少期に家族がバラバラだったこともあって、理想の家族像みたいなのが強くありました。自分だけの味方になってくれる場所がほしい、そんな気持ちも強かったです。

「元女で、今は男になってる僕ってちょうどよくない?」

――結婚されたパートナーの方へはいつの段階でカミングアウトを?

まさき 出会った瞬間にしています。ナンパじゃないですけど、僕が彼女に一目惚れして、もっと一緒にいたいと思ったんです。でも当時、彼女は女性のパートナーを探していたんですよ。

――だとすると、すでに男性になっているまさきさんは恋愛対象じゃなかったわけですね。

まさき 彼女は長年付き合っていた彼氏と別れた直後で、前から興味があったレズビアンバーに勇気を出してはじめて訪れたのですが、そのタイミングで出会ったんです。僕はそのときたまたま、そのお店を借りてイベントを開催していました。

 結局、彼女はレズビアンバーに何度か行ってみたものの、どうも馴染めなかったみたいで。「自分には女同士は無理なのかな」と言っていたのでチャンスとばかりに、「だったら元女で、今は男になってる僕ってめちゃくちゃちょうどよくない?」と押しまくって交際が始まった感じです(笑)。

パートナーから提示された「結婚の条件」

――見事なプレゼンですね。

まさき 結婚にあたっては、パートナーから「会社を辞めて独立すること」「離婚届も結婚届と一緒に書くこと」など、4つの条件を出されました。ちょうど店をやりたいと思っていたので会社員じゃなくなることも問題なかったし、離婚届も、今となっては書いておいてよかったなって思います。おかげでほどよい緊張感があり、互いに思いやりを持って接することができていますし。

――パートナーの方に対する絶大な信頼が伝わります。

まさき 4つの条件を聞いたときも、「なんて芯のある素敵な女性なんだ!」と、余計好きになりましたね。あと、「名字はパートナーの方に合わせる」というのも条件のひとつだったんですけど、「僕、改名は得意だから全然オッケー!」って(笑)。

――子作りに関しておふたりはどのように考えていたのでしょう。

まさき 僕が彼女のキャリアを止める権利もないし、結婚前に一度、兄に精子提供のお願いをして断られていたこともあり、子どもはいいかな、と思っていました。

 ただ結婚半年後に彼女の方から、「年齢的なことを考えると今が最後のチャンスかもしれない」と話があり、2人で「精子会議」を始めたんです。

誰から精子をもらうか話し合う「精子会議」

――「精子会議」の議題を詳しく教えてください。

まさき 僕は生殖機能がないので、精子を誰かからもらわないと子どもができません。なので、会議では「身内の提供/第三者の提供/養子/作らない」という選択肢をランキング形式で互いに発表し合っていました(笑)。

 でも心がすごく揺れて、「今日の1位は身内の精子かな」「でも昨日の1位は第三者だったよね」みたいな感じで毎日、2人共ランキングがめちゃくちゃ入れ替わるんです。で、これはもう意味がないとなって、一番手っ取り早い方法を考えたら兄だったという感じです。

――一度は断ったお兄さんが精子提供を快諾してくれたのはなぜでしょうか。

まさき 一度目のときは結婚していなかったこともあり、僕の方も覚悟や準備が足りていませんでした。でもそのときは、兄に対してパートナーと一緒にどうやって子作りを進めていくのかなど、具体的なプレゼンをしたんです。それで納得してもらえたのか、1週間後に快諾の返事をもらえました。

――まさきさんのお兄さんから精子提供を受けることに関して、パートナーの方にも葛藤があったのでは。

まさき 悩んでいましたが、最終的には血のつながりがある兄からもらうのが一番だろうと思ったようです。あとは、リアルに兄と会ってフィーリングが合ったことも大きかったと思いますね。

2人目の子作りには躊躇していたが…

――実際に子作りで大変だったことは?

まさき 最初は、採取した精子を自分たちの手で注射して膣の中に入れるセルフ人工授精の「シリンジ法」でチャレンジしていました。月一度しかない排卵日に合わせて兄の精子をもらいに行かなくちゃいけないので、スケジュールを調整するのが大変でしたね。

 最終的には1人目は人工授精、2人目は顕微授精で授かりましたが、妊活の期間はトータルで4年ほど。パートナーと兄は本当に大変だったと思います。

 ただ、僕は2人目の子作りに躊躇していたんですけど、そのときにはパートナーと兄でサクサク話を進めていて(笑)。兄は長男がかわいくてしょうがなかったようで、2人目はすんなりOKをしてくれたみたいです。僕の知らない間に(笑)。

――新しい家族のかたちですね。

まさき ふだんは意識しないんですけど、子どもを病院に連れて行ったとき、「ご両親にアレルギーはありますか?」と聞かれたりするとハッとしますよね。僕の精子でできた子じゃないから、本当なら兄の既往歴もちゃんと確認しておく必要がありました。

 そのあたりを子作りのときにはスルーしてしまっていたので、僕たちのようなかたちで家族を持とうとしている子にはアドバイスをするようにしています。

子どもには「変身して男の子になった」と話している

――先ほどまさきさんは2人目の子作りを躊躇していたというお話がありましたが。

まさき 僕が生んだわけではないから産後鬱ではないですけど、1人目が生まれた後は本当に大変で……。お店の開店と重なったのもありますが、気持ちの余裕がまったくありませんでした。毎日一生懸命で、とにかく必死。お金も時間もかけて苦労して作った子どもたちだったこともあり、僕は上手に子育てできるだろうと思っていたんです。だけど、今は5歳と2歳の子どもたちを怒ってばっかり。日々悪戦苦闘しながら子育てしています。

――お子さんにカミングアウトはしていますか。

まさき 長男には3歳のときに、「まさきは昔、女の子だったけど変身して男の子になったんだ」と話しています。この前、子どもたちと遊んでいるときに股の部分を蹴られたので痛がるそぶりを見せたら、「まさきは急所がなくてよかったね。チンチンとタマがあったらヤバかったよ」と言われました(笑)。

 そういえば、「じゃあママも変身したの?」と聞かれたこともあります。「ママは変身してないよ。変身する人もいるし、しない人もいるんだよ」と説明しましたが、ふーんという感じの反応でしたね。子どもたちは「変身はわりとフツーに起こること」と思っているかもしれません。

写真=山元茂樹/文藝春秋

(小泉 なつみ)

ジャンルで探す