「僕は性別を変えて、兄の精子で子作りしたんです」とママ友には説明…トランスジェンダーパパ(38)の日常とは?

 女性としての性を割り当てられて生まれたが、現在は男性として生きる、石川まさきさん(38)。女性のパートナーと結婚し、その後、実兄から精子提供を受けて子どもをもうけ、今や2児の父に。さまざまなセクシュアリティの人たちが集うバーのオーナーとしても活躍しています。

【画像】現在は2児の父…仲睦まじい、まさきさんファミリーを見る(全5枚)

 そんなまさきさんが本来の性を取り戻すまでの道のり、トランスジェンダーをめぐる社会の変化などについて聞きました。(全3回の1回目/2回目に続く

 

◆◆◆

石川まさきさん(以降、まさき) (赤い目で慌てて部屋に入ってくる)すいません、遅刻しちゃいました。昨日、お店で盛り上がってしまって朝まで営業していまして。

――お店とは、まさきさんが新宿3丁目で営業しているバー「2’s CABIN」のことですよね。さまざまなセクシュアリティの方が訪れるそうで。

まさき 今5歳と2歳の子どもがいるんですけど、昨日店に来てくれたのが、子どもたちが通う保育園のママ友だったんです。僕がFTM(※)のトランスジェンダーだってことをカミングアウトしていない人だったからびっくりして、盛り上がっちゃいました。

※「Female to Male」の略。女性の体で生まれてきたが、男性として生きることを望む人のこと。

「実の兄から精子をもらって子作りしたんです」とママ友に説明

――保育園のお父さんお母さんに自分の性のあり方について話す機会ってなかなかないですよね。

まさき 別のママ友から「いつも送り迎えしている金髪のパパがいるって気になっていて。仕事、何しているんですか?」と聞かれたことがあります(笑)。その時、流れで「LGBTQ+関係のバーをやっていて、自分も当事者なんですよー」とカミングアウトしたことはありますね。

――そのお母さんは、保育園で見かけないタイプのまさきさんが気になっていたんですね。

まさき 聞かずにはいられなかったんでしょうね(笑)。あと、僕は妻のことをいつも「パートナー」って呼んでいるんですけど、「なんでパートナーって言うの?」とたずねてきたママさんにも、いいかなと思って全部カミングアウトしました。「自分はもともと女性で、そこから性別適合手術を受けて男性になり、実の兄から精子をもらって子作りしたんです」と。

――今の説明を聞いただけでもなかなか送り迎えの立ち話では終われないですよね。ちなみに、妻を「パートナー」と呼ぶのは前からですか?

まさき お店をはじめたばかりの頃はお客さんに「彼女はいるの?」とかって聞いていたんです。そうすると、「男女どっちもいけます」とか男性のお客さんから「僕は彼氏がいるんです」って返ってくることがよくあったので、聞き方に気をつけようと思って「パートナー」にした経緯がありました。それが染み付いて、自然と妻のこともパートナーと呼ぶようになったんです。

「それはどういうこと?」と聞き返す毎日

――見た目だけでは、その人がどんな方を好きなのかはわからないですもんね。

まさき レインボーカラーはセクシュアルマイノリティの象徴ですけど、今は「色」の数が増えて、当事者でも追いつけないくらい多様になりましたね。

――性的少数者を指す「LGBTQ+」の「+」は、「LGBTQ」に当てはまらない、それ以外の性という意味だそうですね。

まさき 30代後半の僕の感覚なんですけど、長らく「LGBT」で止まっていて、そこから「LGBTQ+」になり、ここ数年で男性/女性どちらにも区別されたくない「Xジェンダー」、他者に対する性的欲求を持たない「エイセクシュアル」という言葉が出てきた感じがあって。

 お店にも日々いろんな方が来てくれるんですけど、「私はエイセクの●●寄り」と言われて、「そうなんだ~。で、それはどういうこと?」って聞き返す毎日です(笑)。

――聞き返すわけですね。

まさき そうですね。やっぱりわからないんで(笑)。「ごめんなさい。わからないからいろいろ教えてもらっていい?」みたいな聞き方をするようにしています。

――わからなければ聞けばいい、と。

まさき あくまで僕の場合ですけど、セクシュアリティについて聞かれるたびに罪悪感を持ったり傷ついたりするくらいなら、オープンにしてきちんと説明しようと思ったんです。もちろん、隠していたほうが楽なときもあるので、ケースバイケースではありますが。

「男性器をつけたい、とはならなかった」

――女性から男性への性移行の場合、子宮・卵巣・乳腺の摘出手術をする方が多いそうですが、まさきさんが性別適合手術を受けたのはいつですか?

まさき 僕は20歳すぎに男性ホルモンの注射をはじめて、24歳のときに胸オペ(※)を受けました。それだけで男性としてじゅうぶん通用したので、かなり満足できて。結局、戸籍上の性別を変えたかったのと生理があることが苦痛だったので、26歳で性別適合手術を受けて、子宮と卵巣を取りました。ただ、そこから男性器をつけたい、とはならなかったですね。

※乳房切除術のこと。乳腺で膨らんだ胸を平らにする。

――男性器をつける/つけないでも選択が分かれるんですね。

まさき 男性のシンボルをつけない人のほうが圧倒的に多いと思います。

――男性器をつける手術はやっぱり大変なんでしょうか。

まさき 大変だと聞きますね。まずは尿道となる部分を作るために半年かけて育てるんです。そうやってできた組織を切り離し、腰や太ももから採った皮膚をかぶせて“竿”の部分を作る。それを股にくっつけるので、お金も時間もすごくかかるんです。セックスに使えるという方も中にはいるみたいですが、満足できる見た目や機能性に仕上がるとは限らないというのが現状みたいです。

 あと、僕の知る範囲の小さなデータベースの話ですが、男性器をつけたからといって必ずしも“男性としての自信”が補強されるわけではないのかな、という感じがしています。

――なるほど。

まさき 男性器の手術については難しい部分が多いですけど、今は「ナベシャツ」なんかめちゃくちゃ進化していていい商品がたくさん出てますから、ずいぶん生きやすくなっています。

胸を隠すための試行錯誤

――「ナベシャツ」とは?

まさき 胸を潰すための下着です。自分は中高生になって胸が膨らみ出したのが嫌だったのでさらしをまいたりしていたんですけど、途中からナベシャツを使い出しました。当時は防弾チョッキみたいな商品しかなくて、ジッパーを上げると胸がべチャッと平らになるんです。

 で、最初は布だったのが数年でメッシュタイプとかいろいろ出てきて、通気性も良くて最高!みたいな(笑)。

――さらしから着実に進化しています。

まさき ちょうど自分のときは過渡期だったんだと思います。それこそ、テーピングとか絆創膏で乳首を隠していたこともあったのでめちゃくちゃ肌荒れもしましたし。それに比べたら今は本当にいい時代になりました。ただ、逆に情報がありすぎてしまって迷う子は増えましたよね。

――「選択肢」ができたからこその悩みというか。

まさき そういう子がうちの店に来たりしますね。性別適合手術のための病院選びとか、それこそいいナベシャツが知りたいとか、あと自分は何なのか、とか。ネットを使えば情報はいくらでも手に入るけど、リアルで会いたい、話したいという欲求はまた別なんですよね。

かつて「女性」だったことは一生ついてまわる

――まさきさんのお店に訪れる方はやっぱり話したい“なにか”があると。

まさき そうですね。たとえば僕なんかは、社会のなかで「男性」として生きているんですけど、性別適合手術をして女性としての生殖機能がなくなろうが、戸籍上の性別が男性に変わろうが、家族を持とうが、自分がかつて「女」だったことは一生ついてまわる。ふとした瞬間に、どうしても意識してしまうんです。

 わかりやすい場面だと、カミングアウトをしていない友人や知人から温泉やサウナに行こうと誘われたときとか。行けないし、その理由を言えないんですよね。だいたいうまくぼかして対処するんですが、やっぱり本音で話したくなるときもある。そんな気持ちを抱えて僕のお店に来てくれているお客さんはけっこういると思います。

 ここでだけ本当の話をして、一歩外に出たらまたいつもの生活に戻る、という方もたくさんいるんじゃないかな、と。

写真=山元茂樹/文藝春秋

「親からもらった体はいじり倒したけど…」トランスジェンダーパパ(38)が語る、どうしても“変えられなかったもの” へ続く

(小泉 なつみ)

ジャンルで探す