ロシア ウクライナに軍事侵攻

「うるせぇぞ」車内トラブルで電車にひかれ…刑事たちにとって後味の悪い事件になった理由とは

「レイシャル・プロファイリング」という言葉がある。日本語では“人種に基づく捜査対象の選別”。人種や肌の色、民族、国籍、宗教などにより個人を捜査の対象としたり、犯罪との関わりを判断することである。

【写真】事件が起きたJR御茶ノ水駅のホーム

 2021年12月6日、在日米大使館領事部はツイッターで、「レイシャル・プロファイリングが疑われる事案で、外国人が日本の警察から職務質問を受けたという報告があった」と、日本に滞在する米国民に警告を発した。「数名が拘束され、職務質問や所持品検査をされた」といい、拘束された場合は領事館への通知要請を呼びかけたのだ。

「間違った愛国心を持っている警察官もいる」

 米国では、警察官によるアフリカ系アメリカ人への差別的捜査や暴力行為が問題になり、Black Lives Matterとして人種差別抗議運動が度々起こっている。在日米大使館としても、この問題に神経質になっているのだろう。大使館サイドから、レイシャル・プロファイリングとして外国人への人権侵害や人種差別的な扱いを疑われた日本の警察だが、実際のところどうなのだろうか。

©iStock.com

「警察官の中には、確かに人種差別の意識が強い者がいる。アジア人に対する蔑視がどこかにあり、『てめぇら、うるせえ』という気持ちがある」

 外国人犯罪を専門とする元刑事A氏はこう言い切る。

「警察には間違った愛国心を持っている警察官もいる。韓国人や中国人が、電車などで大きな声を出していたら、睨んだり、うるさいと怒る。繁華街をぶらぶら歩いているアフリカ系外国人がいたら、職質をかける。白人には手を出さないが、アジア人や黒人にはすぐに手を出してしまうような気の早い警察官もいる」

電車にひかれ、頭部骨折と右足を切断するという大けが

 警察官による人種差別は、間違った愛国心からくるものだとA氏はいう。

 2007年12月22日の深夜、ある事件が起きた。これはA氏だけでなく、捜査した刑事たちにとっても警察官の内面に潜む人種差別とも戦わなければならないという意味で実に後味の悪い事件だった。

 東京都千代田区にあるJR御茶ノ水駅で、警視庁の男性警部補が駅のホームから転落。進入してきた総武線上り電車にひかれ、頭部骨折と右足を切断するという大けがを負った。駅員が、警部補がホームで中国人2人と揉み合った末、線路に突き落とされたのを目撃しており、その2人は殺人未遂の現行犯で逮捕された。

 その日、東京駅から中央線の下り快速電車に2人の中国人が乗り込んだ。そこに酔った警部補が同じ車両に乗り込む。彼の目の前には大声で話している中国人らがいた。当時は冷たい雨が降っており、中国人が持っていた傘が警部補の足にあたり、ズボンに傘のしずくがかかった。

 被害者となった警部補は、こう証言したという。

「電車の中で座っていたら、中国人の傘があたった。大声でしゃべっているから『うるさい』と注意したら、胸倉を掴まれて外に引きずり出されて脅された」

 御茶ノ水駅のホームに引きずり出されたと証言した警部補は、中国人2人にホームから突き落とされ、電車にひかれた。その間、わずか2分のことだった。

被害者と異なる証言が次々と

 警部補の証言を聞いた捜査員らは、とんでもないやつらだと思い捜査を始める。仲間が襲われたという事件は、警察官にとってもっとも許しがたい事案でもある。

 ところが、中国人らの証言は警部補と食い違った。

「あの人は酒乱みたいに『うるせえ、お前らが悪いんだ』と怒鳴った。傘があたったのか、『傘が邪魔だ』とはらわれて、しゃべっていたら『うるせえぞ、駅で降りろ、このヤロー』と、胸倉を掴まれてホームに引きずり出された。やめてくださいと言ったのに、もみ合いになってしまい……」

 この時点で刑事たちは中国人の言い分をまったく信用せず、殺人未遂で2人を逮捕した。警部補は、何ら落ち度なく一方的にやられた被害者という見立てで、事件は処理されようとしていたと思われる。ところが、事件は違う展開を見せる。

「御茶ノ水駅で警官転落事件、中国人2人を殺人未遂で逮捕」というニュースが報じられると、所轄の警察署に「あの日、日本人の酔っ払いの隣に座っていました」という女性が電話をかけてきたのだ。「新聞を見ました。中国人が殺人未遂ということで逮捕されていますが、座っていた日本人が悪いですよ。ああいう注意の仕方をしたら、誰でも喧嘩になります」と女性は話したという。

 A氏は「それは、どういうことですか?」と女性の話を詳しく聞いた。すると、女性は「酔っ払いが中国人に『うるせぇぞ』と怒鳴って、口論となった。御茶ノ水駅では酔っ払いが『降りろ、このヤロー』と中国人の胸倉を掴んで引きずり出した。一緒にいた中国人が『やめて』と言っていた」と証言したのだ。この内容は中国人の言い分とぴったり符合する。

 そこにもう一人、警部補の側に座っていたという女性が警視庁に電話をかけてきた。

「日本人は自分が悪いくせに、嘘をついている」

 彼女はそう証言したのだ。

電車に乗る前からすでにベロンベロンで…

「どこの組織でも、同じ組織の人間を捜査するのは嫌なものだ。しかし、これはきちんと処理しないと、後々尾を引くことになる」。そう判断した署では、一個班を入れて当日の警部補の行動を捜査した。

 あちこちに設置されている監視カメラや防犯カメラが調べられた。

「結果、警部補が新橋で電車に乗る前からすでにベロンベロンの酩酊状態であり、東京駅ではまともに歩けないくらい泥酔した姿が捉えられていた。御茶ノ水駅ホームのカメラには、中国人を引きずり下ろす警部補の姿が映っていた」(A氏)

 中国人のほうが年齢的にも体力的に有利だったこと、警部補がひどく酩酊していたことから、押された拍子に線路に転落したことが判明した。

「民族に優劣をつけたり、アジア系に厳しくあたることはない」と言うが…

「警部補の言動を見ると、彼には中国人への偏見があったのだろうと思わざるをえない。この事件は殺人未遂ではなく、傷害で処理することになった。仲間だからというより、人間性が問題になった事件だった」

 傷害事件で起訴された中国人には、最終的に懲役3年の有罪判決が言い渡された。この中国人は服役し、「いきさつはともかく、自分が悪いことをした。お酒を飲んでいたし、絡まれたとはいえ、自分がやったことは許されることではない」と用意できるだけの金額で被害弁済したいと申し出た。だが、警部補の妻はこれを受け取らなかったという。

「外国人の事件を捜査する者は、悪いことをした人を取り締まるが、外国人だからといって取り締まるわけではない。特に外国人犯罪の捜査員には外国人の友人知人が多い。だから、民族に優劣をつけたり、アジア系に厳しくあたるということはない。人間性が欠けているような結果には絶対にしない」と言うA氏は、すべての警察官が彼と同じ考えや意識ではないことを一番よくわかっている。

(嶋岡 照)

ジャンルで探す