秋篠宮さまと眞子さまは“冷戦”を越えて…「権力集団の対立に利用されるのでは」弟宮の存在が警戒された理由

 秋篠宮家の長女・眞子さまが、小室圭さんと10月26日に結婚されます。「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。ノンフィクション作家の保阪正康氏による「秋篠宮と眞子さま『冷戦』を越えて」(「文藝春秋」2019年2月号)を特別に全文公開します。(全3回の1回目/#2#3へ続く)

【写真】家族写真で、お一人だけ“微妙な距離”を置かれた眞子さま

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

弟宮という存在

 秋篠宮殿下は今年5月、父・平成の天皇と兄・皇太子徳仁親王の御代替わりにともない皇嗣(こうし)となる。

 皇嗣とは耳慣れない地位だが、実質的には皇太子である。皇太子と雅子妃に皇子がいないため、将来は第2位の皇位継承者として天皇の地位に就く可能性が高くなる。明年4月の立皇嗣の礼に向け、秋篠宮家の職員が大幅に増員されるのは、そういった事情があるためだろう。

 弟宮とは、本質的に難しい存在だ。日本でも、歴史を振り返れば、弟宮の扱いに天皇周辺は気を使い、待遇に苦慮する時代もあった。そういう時代に比べると、秋篠宮は恵まれているといえるかもしれない。

婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん ©JMPA

「天皇になることを自ら望んではいけない」

 昭和の終わりから平成にかけてのころ、昭和天皇の1歳下の弟宮である秩父宮殿下について、まだお元気だった妃殿下や側近に話を聞き、評伝を書いた(『秩父宮』中公文庫)。そのとき感じたのは、弟宮という立場の苦しさであった。

 例えば、天皇家には明治天皇らにより帝王教育が整えられていくが、第二皇子以下の弟宮の教育に特別な形は準備されなかった。それは明治天皇にも大正天皇にも弟宮がいなかったからでもある。

 近代日本で初めて第二皇子として誕生した秩父宮に施された教育内容を端的に表現するならば、「あなたは天皇になるかもしれない。しかし、天皇になることを自ら望んではいけない」というものだった。これは矛盾をはらんだ過酷な要求であり、ご本人をある意味、残酷な立場に追い込むものでもあった。母である貞明皇后はそのことを十二分に察し、秩父宮には少年期から、その苛酷さをねぎらう書簡を送ったりしている。

権力集団の対立に利用されるのではないか

 しかし昭和天皇や秩父宮の意思とは別に、宮中内部には近代日本になって初めての第二皇子や二人の弟宮(高松宮殿下、三笠宮殿下)の存在に警戒する声はあった。本人たちの意思とは別に、権力集団の対立に利用されるのではないかというのである。元老西園寺公望は、秘書の原田熊雄に漏らしている。

〈今の秩父宮とか高松宮とかいふ方々にかれこれいふことはないけれども、或は皇族の中に変な者に担がれて何をしでかすか判らないやうな分子が出てくる情勢にも、平素から相当に注意して見てゐてもらはないと、事すこぶる重大だから、皇室のためにまた日本のためにこの点はくれぐれも考へておいてもらはなければならん〉(原田熊雄述『西園寺公と政局』)

 周囲の目がこうであれば、秩父宮や高松宮といった昭和天皇の弟宮たちは、「皇統の控え」として常に緊張状態を強いられることになる。だが、「兄宮を補佐する」という抽象的な役割は与えられていても、具体的に天皇が弟宮に政務や軍務を相談したり、助言を求めるといったシステムはなかった。

秩父宮への疑惑

 そういった状況に置かれながら、秩父宮は周囲の期待に応えるため皇室行事に勤め、軍人としての日々の生活に臨んでいた。昭和15年に38歳の若さで結核を発病したのだが、秩父宮妃が「当時は非常に厳しいスケジュールで、私の管理が行き届きませんでした」と後悔とともに振り返った発言が印象的だった。

 それにもかかわらず昭和初期の秩父宮には、国家改造を企図する青年将校に利用されるのではとの懸念はあった。昭和11年の二・二六事件のときには、一部の将校が秩父宮を立てていたのではないか。そして秩父宮自身もその意思があったのではないか、というのであった。特に第一師団の歩兵第三連隊に勤務していたときの部下の将校が決起に加わっていたために、そういう声はルーマア(噂)を交えて広がった。

 弘前連隊に勤務していた秩父宮は、この事件当時、兄宮や軍上層部の諒解を得て上京してきた。それは秩父宮自身も証言しているように、兄宮を補佐して事件の鎮圧に協力するためだった。その事実を曲解し、秩父宮が青年将校の要請に応じて上京したとの論は、きわめて根拠に欠けているように、私には思える。

長男と次男、それぞれの役割

 あえて私なりの結論を補完するならば、近代日本の情報閉鎖集団、あるいは軍事的機能をもとにつくられている社会空間にあっては、第二皇子やその他の弟宮たちは、本人の意思と関係なく、その真意が疑われるということがいえた。天皇を神格化した時代には、とくにそれが顕著であったといっていい。秩父宮はあの軍事主導時代の犠牲者といえると私は考えている。

 しかし現代は民主主義の時代、そして言論の許容範囲が広がっている時代である。兄宮と弟宮との間に憶測が介在する時代ではない。

 私は昭和天皇と秩父宮殿下の時代を、まったく立場の異なる皇太子(5月からの新天皇)と第二皇子(5月からの皇嗣)の時代と見て、改めて軍事主導の時代がいかに悲劇的であったかを確認すべきように思う。そうすれば、皇室の安寧は民主主義が前提となることも次第に明らかになるだろう。

「開かれた皇室」にあって天皇と皇后の目は、長男と次男、それぞれの役割を明確に捉えているように思う。

秋篠宮家の立場と役割

 そのうえで、天皇・皇太子・秋篠宮が天皇家として一体となっているのは、天皇の深いお考えからだろう。くり返すが昭和の時代は、昭和天皇、秩父宮、高松宮、三笠宮がそれぞれに繋がる回路が存在しなかった。例えば、高松宮が何か提案しても、他の兄弟が知ることは難しかったし、ましてや連携して事にあたることはなかった。いわば、それぞれの宮様は「タコつぼ」状態に置かれていたといっていい。

 今では定期的に親子三人の「三者会談」が行われ、そのような弊害を防いでいる。秋篠宮は、天皇と兄宮を結ぶ役を務めるように思う。

 宮内庁詰めの記者によると、宮内庁関係者はよく「秋篠宮殿下は成長された」と証言する。「やんちゃな自由人」だった礼宮時代から比べると、人間的な幅が感じられるというのだ。秩父宮の時代とは異なり、弟宮である秋篠宮は、しっかりとした立場と役割を与えられた。それが大きいのではないかというのである。

#2に続く)

眞子さまのご結婚と秋篠宮家の挫折 “開かれた皇室”とはいえ「経済関係にルーズな人物は決して他者に信用されない」 へ続く

(保阪 正康/文藝春秋 2019年2月号)

ジャンルで探す