10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

新宿御苑から渋谷駅へ…東京のど真ん中を流れる「渋谷川」の暗渠には何がある?

 近年、街歩きの視点のひとつとして少しずつ認知が広まっている「暗渠」。本来は蓋をされた川や水路そのものを指す言葉だが、この場合は、地下ではなく地上の、かつて川が流れていた場所を暗渠と呼ぶことが多い。

【写真】この記事の写真を見る(9枚)

「暗渠」はどんなところにある?

 日頃見慣れた町でも、注意して見てみれば、区画を無視してくねくねと曲がった道や、延々と続く緑道、周囲より少し低くなっている路地、川もないのに橋の名前のつく交差点など、景観の中にちょっとした違和感を覚えるような部分があるだろう。それらはもしかすると暗渠かもしれない。

 ひとたびこのような暗渠に気がつくと、大袈裟にいえば町の見え方が大きく変わってくる。暗渠というフィルターを通したまなざしで街を捉えることで、眼前に広がる景観の背後に潜んでいるものに気づく。失われた水の流れが結ぶ空間の繋がりと広がり、そして人と川が関わってきた時間の重なりと奥行きが感じられてくるのだ。この「見えていなかったものが見えてくる」楽しみこそ、暗渠が注目される由縁だろう。

 この記事では東京の暗渠のいわば象徴的存在として知られる渋谷川の暗渠を辿りながら、暗渠の景観を通して町の広がり(空間)や奥行き(時間)を探ってみよう。

渋谷区&港区を流れる「渋谷川」

〔暗渠から開渠へ〕暗渠から開渠へ。流れる水は高度処理再生水。

 渋谷川は渋谷区、港区を流れ東京湾に注ぐ全長11kmの川だ。港区内では古川と呼ばれる。暗渠になっているのはそのうち、渋谷駅以北の上流部、穏田川(おんでんがわ)とも呼ばれていた区間だ。

 1962年から63年にかけて暗渠化され、地下は下水道に、地上は道路に転用されている。キャットストリートのところ、と言えばピンとくる方も少なくないだろう。渋谷川には本流の他にも宇田川など多くの支流があったが、いずれも暗渠化されたり埋め立てられてしまっている。

渋谷川の源流へ

 そんな渋谷川上流だが、意外にも源流は今も健在だ。新宿駅から徒歩10分ほどの新宿御苑。その広大な敷地に東西に連なる池が、渋谷川の源だ。

 一番東側の「下の池」の端まで行くと、そこには渓谷のように流れ出す渋谷川の姿がある。池から溢れ出す水に加え、川底からも水が湧き出して同心円に波紋をつくる。流れはすぐに暗渠に吸い込まれてしまうが、渋谷川が確かに川である証左のような場所だ。

 一方、原宿駅西側に広がる明治神宮の森もまた渋谷川の源流のひとつだ。一時期パワースポットとしても人気を呼んだ横井戸「清正の井」から湧いた水は流れ出して小川となっている。かつてその川は竹下通りの裏手を流れて渋谷川に合流していた。

 新宿御苑や明治神宮の他にも、渋谷区・港区には水辺のある公園や庭園が点在している。原宿の東郷神社の池、渋谷の外れにある鍋島松濤公園の池、広尾の有栖川宮記念公園、目黒の白金自然教育園、青山の根津美術館庭園……これらもまた、かつて渋谷川に注いでいた小川の源流だった。

 さらに渋谷、千駄ヶ谷、富ヶ谷といった地名に目を向けてみれば、これらもまた渋谷川やその支流が流れていた谷に由来する地名である。いまとなっては別々の場所にある公園や庭園も、暗渠をフィルターにすることで、水の流れによる空間的なつながりがみえてくるのだ。

今も新宿御苑の東縁に残る「もう一つの水源」

 さて、新宿御苑付近に話を戻そう。渋谷川には御苑の池のほかにもう一つ大きな水源があった。それは玉川上水の余水だ。

 江戸の上水道として17世紀半ばに開削された玉川上水は、新宿御苑の北東の四谷大木戸を終点とし、ここから地下に埋めた樋で江戸市内へと水を供給していた。ここでは水量調節が行われ、余った水は渋谷川に落とされていた。

 この余水を流していた「玉川上水余水吐」は、上水がなくなった今も、暗渠として新宿御苑の東縁に残る。木々が鬱蒼とし都心とは思えない秘境のような空間は、周囲から取り残されて時間の経過が遅くなっているかのようだ。

東京オリンピックと暗渠

 かつての渋谷川は、この余水吐の流れを合わせ、中央線をくぐり、外苑西通りに沿って南下していた。通り沿いにあった明治公園がその暗渠だったが、2度目の東京オリンピックに向けた新国立競技場の建設により公園はなくなり、現在は地上からは様子は窺えない。

 よく渋谷川の暗渠化は1964年の東京オリンピック対策だと言われることがある。確かに暗渠化の時期はオリンピックの直前だし、旧国立競技場は会場のひとつだった。

 しかし実際にはオリンピックと直接の関連はなく、1950年より構想されていた河川の下水転用施策が1961年の「下水道36答申」により実現されたものである。都内各地の川がこの答申を受け暗渠化されており、渋谷川の暗渠化もその一環だった。

蛇行、橋…痕跡を辿って原宿方向へ

 御苑周辺からしばらく南下すると、暗渠は外苑西通りから南西に逸れていき、ようやく単独の道路として辿ることができるようになる。

 普通の道路にしか見えないかもしれないが、道のゆったりした曲がり具合に注目すれば、かつての川の蛇行がそのまま輪郭のように残されていることがわかるだろう。蛇行の他にも、よく目を凝らせば所々に川の痕跡が残っている。橋の遺構はその中でもわかりやすい。

 いわゆる裏原宿へと入っていく地点にある原宿橋は、昭和9年の竣工。橋の両端にあった親柱が保存されている。表参道の道端には、行き交う人々のそばに「参道橋」と刻まれた親柱が残る。少し南下すれば穏田橋、そして明治通りと交差する地点には宮下橋。道端にひっそりと残された親柱は、かつて確かにここに川が流れ、橋がかかっていたことを示している。

 また、水は必ず高いところから低いところへと流れる。暗渠になってもその地形は変わらない。

 例えば渋谷川の暗渠が表参道を横断する地点の神宮前五丁目歩道橋に登って、原宿駅方向と表参道駅方向を眺めてみれば、暗渠が横切る地点が緩やかなV字の谷の底であることがわかる。景観の中にはかつてそこが川だったことの手がかりが様々なかたちで残されているのだ。

細長い公園とキャットストリート

 表参道を越えるとブランドショップやカフェが並び賑やかな暗渠が続く。

 1980年代から呼ばれ始めた「キャットストリート」の名は当初この付近を指していたという。由来には諸説あるが、そのひとつに暗渠沿いの高校の生徒が、猫が多いため「猫通り」と呼び始めたという説がある。今の様子からは想像できないが、当時渋谷川の暗渠上は、野良猫も生息する児童遊園だった。

 1960年代後半から70年代にかけ、都内では人口集中と第二次ベビーブームにより児童が溢れ、遊び場が不足していた。そんなときに着目されたのが、暗渠化された川の上のスペース。細長く中途半端な故、多くが未利用のまま放置されており、これらが児童遊園に転用された。

 渋谷川の暗渠上も1967年に遊具や植栽が置かれる。暗渠ならではの裏側感とゆっくりとした時間を帯びた空間は「裏原宿」の揺籃となったのだろう。少子化や老朽化に伴い1996年には公園は撤去され、暗渠は区道として整備されてメインストリートへと変貌を遂げる。

 現在では、明治通り近くにだけ、暗渠上の公園が残っている。そこにはもはや猫はいないが、変わらず遊ぶ子供たちや一休みする大人たちの憩いの場となっている。公園の区間を挟むように、路上に「八千代橋」と「なかよし橋」の遺構が残る。いずれも欄干こそないものの、前後のアスファルトとは明らかに異質で、橋であったことがよくわかる。

 一方で、八千代橋には「消火用給水孔」と記された四角い鉄の蓋が2箇所残っている。これは戦前、空襲による火災が起こったときに川にポンプのホースを下ろし、消火用の水を汲み上げるために取り付けられた蓋だ。戦時下の記憶が人知れず路上に残っている。

水車の回っていた渋谷駅前

 明治通りを越えると、再開発で賑やかになった宮下公園だ。ビルの日陰のうらびれた駐輪場から、飲食店の屋外席が並ぶ賑やかな表通りへと変貌を遂げた暗渠を通り抜ければ、再開発工事が続き高層ビルが空を覆う渋谷駅前に到着する。

 その風景からは全く想像がつかないが、かつて渋谷駅東口バスターミナルの付近には杵40本を動かす大きな水車があった。明治時代には三井財閥の三井八郎右衛門の所有となり、水車稼働の売り上げで、ヒカリエの場所にあった渋谷最古の公立小学校「渋谷小学校」の運営費を賄っていたという。

 この他にも、渋谷川には江戸時代から大正時代半ばにかけ、水車がいくつも架かっていた。これらは主に精米に利用されたが、明治に入ると鉛筆の芯の黒鉛や銅板製造、製綿など工業用の動力として利用されるものもあった。いずれも直径4.5~6.6mと大きな水車だった。富嶽三十六景に描かれた「穏田の水車」もそれらのひとつだった。

 渋谷川の暗渠はそびえ立つ渋谷スクランブルスクエアの地下を抜けていく。渋谷駅の地下に潜り、東急線の改札へと向かう通路の上を見上げると、コンクリートの壁面が出っ張っているが、その中を渋谷川の暗渠が横切っている。

 かつてこの付近には東急百貨店東横店東館が建っていた。渋谷川の暗渠の上に建てられていたため、地下売場がなかった、というのは有名な話だ。しかしスクランブルスクエアの建設では、暗渠は建物の邪魔にならないよう付け替えられた。一見ただの壁のでっぱりにしか見えないところに、原宿方面から続く幅10m、高さ3.9mの矩形の空間がポッカリと空いている。

そして川は地上へ

 駅南側で地上に出ればそこは渋谷ストリーム。渋谷川はここから地上に姿を現す。水辺空間の再生を謳って2018年に整備された一角を、高度処理水の流れる渋谷川が恵比寿方面へと続く。川をこのまま下っていけば広尾、麻布十番、芝を経て浜松町で東京湾に注ぐ姿が見られる。

 開渠となる少し手前には、整備前の渋谷川出口に架かっていた稲荷橋がそのまま残る。昭和半ばまで、橋の名称の由来となった田中稲荷(川端稲荷)が、現在国道246号線が通る付近にあった。

 大岡昇平の自伝的小説「幼年」では、大正期のこの付近の様子を「境内の鬱蒼たる大木が渋谷川の流れに影を落としていた。『川端稲荷』の名にふさわしい、水辺の社であった。殊に夏は涼しいから、鳥居の傍の茶店で氷を売っていて、荷車曳きや金魚売りが休んでいる姿が見られた」と記している。

 今、その面影は橋の名前以外には何一つ残っていない。そして今眼前にある風景も、100年後には何一つ残っていないかも知れない。

 暗渠とはいわば都市の綻びや時層の裂け目のようなものだろう。今回は、渋谷川の暗渠を源流から出口まで辿ってみたが、その過程を通して、失われた川がつなぐ空間のひろがり、そして江戸から令和に至る、町や人々と川との関わりの変化が、地層のように土地の記憶として積み重なっているのを、垣間見れたのではないだろうか。

 都内、そして全国の都市にも同じように暗渠はある。暗渠という新たなまなざしを通して見えない町の広がりや奥行きを探し出してみよう。

◆◆◆

(本田 創)

ジャンルで探す