10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

「妻子に何かされるのでは」…龍ケ崎市役所3人連続自殺、関係者が今も恐れる“黒幕“の正体とは?

「私は部下を…死なせてしまいました!」 茨城・龍ケ崎市役所で起きた“職員3人連続自殺”の異常事態 から続く

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 今年3月、茨城県龍ケ崎市で起きた官製談合事件。警視庁と茨城県警は、同市副市長の川村光男と市社会福祉協議会理事の川北恵一郎の両容疑者を官製談合防止法違反容疑で逮捕し、現役副市長を含む4人が摘発された。中山一生龍ケ崎市長は記者会見を開き「あってはならない事案が発生したことを深くお詫びする」と陳謝した。

 そして4月には、その舞台となった市役所に勤務する3人の職員が半月のうちにそれぞれ命を絶つという、連続自殺事件が発生した。4月14日に契約検査課長補佐だったIさんが自宅で首を吊り、23日には生活支援課長補佐のMさんが自宅で自殺。さらに30日には人事課長のSさんが自宅で首つり自殺を遂げている。

龍ケ崎市役所を家宅捜索する捜査員たち ©️時事通信社

 5月6日には、中山市長名義による「職員の訃報について」という文書が職員向けに配布され、「けっしてひとりで悩まずに、話せる人に相談してください。周囲の人が異変に気づいたら、相談するように助言してください」とまで職員に呼びかけている。しかし、短期間に同市役所で3人もの連続自殺が起きるという異常事態にもかかわらず、自殺の原因について調査などが行われる様子は一向にない。

市役所全体が言いなりになった人物、川北

 一見、無関係にも見えた2つの事象――だが、取材を進めると官製談合事件で入札情報の漏洩を主導していた人物が、亡くなった3人の職員のうち2人と関連があることが判明したのだ。

 その人物こそ、市の社会福祉協議会理事を務めていた川北である。

 川北が、副市長だった川村との結託のうえ、自身と繋がりのある職員を契約検査課長のポストに配置し入札情報の漏洩に加担させていたことや、略式起訴された元市長公室参事の市役所内での処分の軽減をのちに命を絶つことになる当時の人事課長に要求していた疑惑などは、前回記したとおりだ。

 在宅起訴された市役所職員も公判で「誰もが悪いことと知っているのに(中略)逆らえる人はいなかった」と、市役所全体が川北の言いなりと化していたことを明かしている。

 しかし、いち民間人に過ぎない川北が、なぜこれほどまでに市政に介入することができたかという点については疑問が残る。

衆議院議員に重用され、立場を獲得

 昭和24年6月9日生まれ。茨城県龍ヶ崎市出身。大学中退。罰金前科一犯。これが法廷で明らかにされた川北恵一郎の素性だ。身長160cmに満たない小柄な体躯は、「裏の支配者」のイメージとは程遠かった。

 そんな川北が、龍ケ崎市役所を牛耳るまでに至ったいきさつについて、地元政界の関係者はこう話す。

「今から40年ほど前のこと、川北はある有力市議のカバン持ちをやっていたんです。この市議は、現市長の父親で、宮沢改造内閣で防衛庁長官も務めた中山利生衆議院議員(当時)の金庫番だった人物。そうした繋がりで、やがて川北は利生の信頼を獲得し、集票活動などで重用されるようになっていった。当時は普通でも今だと一発で捕まるような汚れ仕事をずいぶんやっていたようです。川北が社協に入ったのは30年ほど前のことですが、それも利生氏の口添えがあったからと聞いています」

 その利生氏は2004年に亡くなったが、川北はその後、息子である一生の選挙参謀となったという。

「一生が市長になれたのはおろか、特になんの成果もあげていないのに3選もできたのは、『裏選対』と呼ばれた川北の力添えがあってこそ。市長も就任当初から、足場固めを川北に一任していた。例えば、今回の談合事件で逮捕された元副市長の川村光男は、2009年の市長選では対立候補の陣営にいて政策立案なども担当するキレモノ職員だった。それを副市長の椅子を与えると言って引き抜くことで、中山市政の盤石化と敵対勢力の弱体化を図ったのも川北のアイディアだった。票田である建設業界との関係構築にも、川北が暗躍した。彼に見捨てられたら市長を続けられない一生は、川北に何でも好きなようにさせていた。一方の川北は市長のことは人前でも『かずおちゃん』と呼び、自分の立場が上であることを見せつけていた」(同前)

「妻子に何かされるのではという恐怖は今でも持っている」

 市長でさえ頭の上がらない川北に、市役所職員が異を唱えることなどできたはずがない。さらに職員らが抱く恐れは、川北の政治的権力の大きさだけではなかったようだ。

「妻子に何かされるのではという恐怖は今でも持っている」

 談合事件で在宅起訴された元職員は、法廷でそう漏らしている。

 川北が家族に身体的な危害を加えるのではないかと、事件摘発後の今なお怯えているというのだ。

 龍ケ崎市内では、「暴力団と関係があるらしい」、「過去に人を刺したことがあるらしい」など、川北に関する物騒な噂をいくつも耳にした。川北を取材しているという筆者に、「気を付けたほうがいい」と、真顔で忠告する人もいた。こうした噂話の真偽はともかく、彼が地元で漠然とした恐怖の対象となっていたことは確かだろう。

「入札情報を教えろ」と川北にせまった建設会社D社の社長H

 ただ一方で、前出の関係者は「川北のやり方は昔気質で強引だが、私腹を肥やすような人ではない。中山利生への恩もあって、彼なりに息子の一生を支えようとしているのではないか」とも話す。確かに川北の自宅や自家用車などは、それほど豪奢というものではなかった。もちろん、どれだけ私腹を肥やしても家や車には無頓着な人もいるのだろうが…。

 川北自身も法廷で、入札情報の漏洩に関わるようになったきっかけについて、こう証言している。

「平成23年(2011年)頃、市長と建設業界が対立するようになった。和解を申し入れたところ、支援の代わりに入札(情報)を教えろとHに言われた。その際は『検討します』と返事をしたが、その後、乗ってしまった」

 Hとは、地元を代表する建設会社のひとつ、D社の社長だ。これ以来、年間十数件の入札情報をHに教示していたという。この「闇取引」は、中山市長にとって大きな意味があったようだ。地元の建設業関係者が話す。

「中山市長と建設業界が対立していたのは、それ以前からです。中山市長が初当選した2009年の市長選では、市内の建設業者は対立候補を支持しており、そうした軋轢がずっと続いていた。これを手打ちに持ち込んだのは川北の手腕。結果、2013年の市長選では、対立候補が立たず、無投票で再選している」

 川北は、情報漏洩の見返りとしてHから金品などは受け取ったことはないと主張している。これに裁判官が「あなたのメリットは何だったのか」と突っ込むと、「市政が安定する」、「私を含めた市長派と建設業界が円満になる」と述べている。「すべては市長のためだった」ともとれる発言だ。であるとすれば、市長の刑事的責任も問われてしかるべきだろう。

警察は市長を挙げるつもりだったのか?

 実際、警察のホンボシは市長だったという説もある。

「警視庁が管外の談合事件などで動くときは、首長狙いであることが多い。少なくとも、6件合わせても4000万円程度の入札にからんだ情報漏洩が、本命だったとは思えない」そう所感を語るのは全国紙の社会部記者だ。

「今回は茨城県警との合同捜査ということになっているが、3月3日に市役所へのガサが入る直前まで、県警側は知らされていなかったらしい。警視庁は、問題の今回摘発された官製談合が行われる以前の、11月頃から龍ケ崎市内で内偵を進めていたよう。警視庁がこれだけ大掛かりな捜査を秘密裏にやっていたとすれば、市長を挙げるつもりだったのでは」(同前)

 ガサ以来、自身が事情聴取の対象となったか否かについては、明言を避けていた市長だが、3月16日の「ぶら下がり」では記者らに対し「自身は聴取されていない」といったんは主張。ところがその後は「ノーコメント」に転じるなど、あいまいな態度を見せている。

 しかしガサ当日、市長公室にも捜査員が出入りしていたことを複数の職員が証言している。また筆者のもとには、「ガサの日に、品川ナンバーの黒塗りの車が市長宅に止まり、スーツの人たちが5、6人出入りしていた」という情報も寄せられた。

 余談だがこの中山市長は、新型コロナワクチンの先行接種を受けたことを、5月14日までに市が発表している。市長は「ワクチンが廃棄される可能性を踏まえた」「危機管理を担う立場から接種した」と弁明しているが、市役所の現役職員の男性は「職員3人の死の真相はうやむやにしたままで、自分の命のことしか心配していない」と冷ややかだった。

2020年10月、給食センター建て替え入札でひと悶着

 本題に戻る。

 今回、警視庁が捜査に動いた端緒として、前出の建設業界関係者には思い当たるフシがあるという。

「昨年10月に実施された、給食センターの建て替えの入札では、ひと悶着ありましたからね。予定価格22億円以上の大型案件でしたが、市側はもともと入札参加の条件として『新築3000平米の施工実績』という無茶苦茶な条件を課していた。この条件に合致する市内の建設業者は、T社のみ。実はこのT社の顧問を務めていたのが川北で、彼が裏で動いていたのは明らかだった」

 しかしこれに「待った」をかけたのが、前出のD社の社長のHだった。

「Hは市長室に直談判に来て『こんなことしていたら警察に捕まるぞ』と市長に警告したそうです。これによって入札参加条件は見直され、結局このD社が受注したんです。落札率は約8割という低い水準だったが、総合評価方式で行われたこの入札では、価格以外の評価基準が、T社にかなり有利に設定されていたらしく、D社はこのくらい安くしなければ落札できなかったようだ」(同前)

あまりに多い、川北の影響下にある談合疑惑

 T社とは顧問として、D社とは情報漏洩先として、入札に参加した2社はともに川北と関係が深い業者だったことになる。

 この入札案件に関する捜査だったかは明らかではないが、1月末にはD社に、そしてその約1週間後にはT社に、それぞれ警視庁のガサが入っている。

 この件以外にも、川北の影がちらつく談合疑惑は枚挙にいとまがない。

 12月には、龍ケ崎市と周辺市町村の消防行政を司る稲敷広域消防本部で、組織図上のナンバー2である消防長が任意で事情聴取を受けている。ちなみにトップは管理者である中山市長だ。これは、副市長だった川村から令和2年度に行われた消防本部発注の工事に関する入札情報の漏洩を依頼されていた疑いに関するものだったことが裁判で明らかにされている。

「消防本部は、構成市町村が人口や面積に応じて拠出する負担金で運営されていますが、予算や議会議事録も公開してないのでかなりのブラックボックス。特に同消防本部の職員採用は、かねてから川北の影響下にあったと聞いている」(前出・現役職員の男性)

 さらに前出の建設業界関係者は、「市内の特別養護老人ホームや介護老人保健施設の開業に必要な許認可にも絶大な影響力を持っていた川北は、用地取得や業者の選定などに、自身の経営する株式会社ベルプランなる企業を介在させて、不当な『コンサル料』を取得していたことは有名な話」と明かす。

公判から1週間、ベルプランに出勤する川北を目撃

 多くの疑惑について確認をするため、川北の初公判後に筆者はこのベルプランの事務所を訪ねた。

 ドアを開けて応対したのは事務所スタッフだったが、その後ろに小柄な川北の姿が見えた。公判から1週間後にすでに出勤していたのだ。数々の談合疑惑や市役所職員の連続自殺との関わりについて川北に質問しようとしたが、筆者と目が合うと彼は部屋の奥へと姿を隠し、取材は拒否されてしまった。

 川北は法廷で再犯の可能性について「社協を辞めた私にはもう影響力がない」と否定したが、彼の影響の根源は、社協の理事のポジションなどではなかったはずである。

「6件の立件で幕引き」では許されない

 しかし、これだけ疑惑のある状態でありながら、6件の入札情報の情報漏洩のみを立件して幕引きとは、警視庁の当初の前のめりな姿勢と比べても不可解というほかない。来年1月の任期満了に伴う市長選を控えるなか、警視庁が動いたというタイミングもどこか引っかかる。

 市長ならびに警察による事件の全容解明がなければ、龍ケ崎市政に長らく巣食ってきた膿を出し切ることは不可能ではないか。

 そして何より、このままでは、謀略に巻き込まれる形で命を失った職員が不憫でならない。

(奥窪 優木)

ジャンルで探す