マイバッグはレジ袋の約50倍二酸化炭素をだす…「レジ袋使用は環境にやさしい」の真偽

「レジ袋有料化」意味はあるのか――日本での導入がこれだけ遅れた本当の理由 から続く

 プラスチックごみの削減を目的として導入される「レジ袋の有料化」。賛否や疑問の声が上がるなかで推し進めるべき政策なのか。そもそも、レジ袋を有料化し、プラスチックごみを削減することで、私たちは環境に好影響を与えられるのか。

 極論や夢物語では解決できない環境問題に真正面から向き合った『海洋プラスチック 永遠のごみの行方 』(角川新書)より、現状の問題点を整理する。

◇ ◇ ◇

生産されたプラスチックは原油の3%

 一般社団法人「プラスチック循環利用協会」の資料によると、2018年に生産されたプラスチックの重量は、原油以外にナフサとして輸入したぶんも考慮に入れて、もととなった原油の重量の約3%にあたるという。

 一般財団法人「日本エネルギー経済研究所」の石油情報センターによると、原油から精製された石油の用途は、火力発電所で燃やして電気をつくったり家庭の暖房に使ったりする「熱源」としての利用が4割、自動車や飛行機、船などを動かす「動力源」としての利用が4割で、残りの2割がプラスチックや洗剤のような製品の原料になる。つまり、全体の8割が燃料として使われていることになる。

 この数字をみて気づくのは、プラスチックの使用量を減らせば、もちろんプラスチックごみを減らす効果はあるだろうが、原油の節約にはあまりならないという事実だ。原油の使用量を減らしたいなら、全体の3%でしかないプラスチックより、燃料として使われる原油を減らすことに力を注いだほうが効果的だ。

環境問題の手段と目的を考える

 いま考えようとしているのは、プラスチックごみを減らすことなのか、それとも原油を節約して限られた地球の資源を守ることなのか。このふたつは無関係ではなく、両方とも大切なことではあろうが、考え方の筋道としては、とりあえず分けて考えたい。そうしなければ、目的と手段に食い違いが生まれ、プラスチックごみを減らそうという一人ひとりの行いがどこに向かっているのかが、よくわからなくなる。割り切れないモヤモヤ感を抱えたまま、走り続けることにもなりかねない。

©iStock.com

 日本が進めるレジ袋有料化では、レジ袋の原料に重さにして25%以上のバイオマスプラスチックが含まれていれば、有料化の義務から免除される。バイオマスプラスチックとは、石油ではなく植物などをもとにつくられるプラスチックだということはすでに述べた。土の中や海に放置されたとき自然に分解が進む生分解性プラスチックとは違う。バイオマスプラスチックを広める目的は石油の節約や地球温暖化の抑制であって、ごみとなって環境を汚すプラスチックを減らすことではない。レジ袋有料化の指針を示す環境省のガイドラインにも、免除の理由は「地球温暖化対策に寄与する」ためと明記されている。

 レジ袋の有料義務化は、いつまでもごみとして地球を汚し続けるプラスチックの使用を減らそうという文脈のなかで生まれた。バイオマスプラスチックは環境中で自然に分解されるとはかぎらず、いつまでも地球を汚し続ける。それならば、バイオマスプラスチックがこの有料化をまぬがれる免罪符のように使われるのは妙な話だ。

地球温暖化対策のためのレジ袋有料化?

 しかも、バイオマスプラスチックを含む製品は、複数の種類のプラスチックがまじっていることになるため、リサイクルには不向きだ。焼却すれば二酸化炭素が出るが、バイオマスプラスチックの原料となる植物は大気中の二酸化炭素を吸収しているので、焼却しても二酸化炭素の出入りについてはプラスマイナスゼロ。だから地球温暖化を進めにくい。たしかにそういう議論はあるが、それは、プラスチックごみの削減とは別の話だ。プラスチックごみを減らすのが目的だが、ついでに、直接の関係はないバイオマスプラスチックの普及も潜りこませようという論理は、どうも納得感が薄い。

 バイオマスプラスチックだろうと石油からつくるプラスチックだろうと、素材にかかわらずレジ袋は有料にする。二酸化炭素の削減は、燃料に使う8割の原油でがんばる。そのほうがレジ袋の使用を抑制する効果は高いはずだ。

 プラスチックごみを減らす手段としての有料義務化だったはずなのに、石油の節約など別の目的がまぎれこんでしまっている。かりに、すべてのレジ袋にバイオマスプラスチックが25%以上まぜてあれば、有料化の義務を負うレジ袋はゼロになる。あいかわらずレジ袋の無料配布だ。これでは、石油の節約や地球温暖化の抑制にはなったとしても、プラスチックごみの減量にはならない。バイオマスプラスチックの話を潜りこませたことで、レジ袋の有料義務化を骨抜きにする道が生まれたということだ。

 わずか3%にすぎないプラスチックが、「永遠のごみ」となって地球の環境を汚し続けている。この「3%」はプラスチックごみの観点からは大きな意味をもつが、原油の使用量全体からみれば、燃料としての使用に圧倒されるわずか「3%」にすぎない。この事実も、きちんと冷静に心に留めておきたい。

プラスチックごみの焼却処分を再考

 この「3%」に関連して、プラスチックごみの焼却処分についても、もういちど考えておきたい。日本で出るプラスチックごみの7割が焼却処分されている。そのうち9割近くは、焼却の熱を発電などに利用してはいるが、ともかくプラスチックごみの多くは焼却されているわけだ。

 いま日本の国は循環型の社会をめざし、プラスチックについてもリサイクルを積極的に進めることが法令で求められている。わたしたちは限りある地球の資源を食いつぶしながら生きているわけだから、そのペースをできるだけゆるめよう、資源の使用量を減らし、繰り返し使えるものは再利用しようという方向は歓迎すべきものだろう。

 こうした流れのなかでは、プラスチックの焼却は歓迎されない処分方法だ。プラスチックを燃やせば二酸化炭素が出て地球温暖化を進めてしまう。燃やすのではなく、地球にやさしいリサイクルを。リサイクルという言葉がもつ心地よい響きも手伝って、そう思っている人も多いのではないか。

「生分解性プラスチックは善で、焼却処分は悪」?

 リサイクルを否定するつもりはまったくないが、プラスチックの処理方法を考える際には、そこに量的な見方を加えて冷静に考えてみることも大切だ。なんとなく雰囲気で行動するのではなく、数字で見てみようということだ。

 繰り返すが、原油の8割は「熱源」「動力源」として燃やされている。かりにプラスチックごみの全量を焼却処分したとしても、それは3%にすぎない。

 リサイクルには焼却にくらべて多くの費用がかかる。仙台市のごみ減量・リサイクル情報総合サイト「ワケルネット」によると、レジ袋をリサイクルする場合は1キログラムあたり69・8円、家庭ごみにまぜて処分する場合は30・5円かかる。プラスチックの容器や包装として分別してリサイクルするには、より多くの税金を投入しなければならない。東京都の自治体のなかにも、限られた税収からその費用を工面できず、ペットボトル以外のプラスチックごみを生ごみなどといっしょに焼却しているところがある。

 焼却処分は、埋め立てなどで処分することになる最終的なごみの容量を減らすには有効な手段だ。外国へのプラスチックごみの輸出を含め、ごみ処理の正規ルートに乗らないプラスチックを減らすことにつながる可能性もある。

 もし、焼却で二酸化炭素が出るのがいけないというなら、自然界で分解されて消滅する生分解性プラスチックも使えなくなる。分解して最終的には二酸化炭素と水になるからだ。その点では、焼却とおなじ末路だ。「生分解性プラスチックは善で、焼却処分は悪」という単純な図式にはなっていない。

 繰り返すが、リサイクルに向かういまの流れにあえて逆らうつもりはない。当面は焼却処分を続けるにしても、早期にリサイクルに移行するにしても、「地球にやさしいバイオプラスチック」というたぐいの感覚的なキャッチフレーズに安易に乗っかるのではなく、「3%」「7割」「8割」といった数量的な事実、そして費用も考慮に入れながら、この社会にとっていちばんよいプラスチックの使い方を考えていきたい。

本来の目的はどこにあるのか

 プラスチック容器をリサイクルするには、使い終わったら汚れを落として回収にまわすことが必要だ。油などの汚れが多くついたままの容器は、リサイクル原料には適さない。ポリプロピレンの容器なら、ポリプロピレン以外の成分がまじっていては困るのだ。

 では、その油をお湯でよく洗えばよいかというと、それにもまた問題がある。水を温めてお湯にするにはエネルギーがいる。かりにそのお湯を石油を燃やして沸かしたとすると、そのときに使う石油の量が、容器を新しくつくるのに必要な石油の量を上回ってしまうかもしれない。すくなくとも、石油の消費を減らすという観点からは、お湯で洗うことはマイナスの効果になる可能性がある。地球のためを思ってリサイクルしようとしたのに、それがかえって地球に余計な負荷をかけることになるかもしれない。

「ライフサイクルアセスメント」を考える

 プラスチックごみが地球を汚し続けるのは、たしかに困る。しかし、地球の環境に悪さを与えている要因は、それ以外にもたくさんある。地球温暖化を進める二酸化炭素などの温室効果ガス、大気汚染を引きおこす窒素酸化物、水質汚濁の原因となる油、……。実際にごみ対策を進めるには、これらの要因を、プラスチックの製造や輸送、販売などの各過程でチェックして、地球環境への影響を全体として評価する必要がある。プラスチックボトルの代わりにガラスびんを使えば、重くなるので、輸送トラックは余計にガソリンを食う。どうすれば環境への負荷をトータルで減らすことができるのか。そうした量的な評価を「ライフサイクルアセスメント」という。

 この考え方を使うと、たとえば、つぎのようなことがわかる。家庭から出るプラスチックの容器や包装の素材を、原料が植物由来で生分解性でもある「ポリ乳酸」に替えた場合、製造から廃棄までの過程で排出されるプラスチック1立方メートルあたりの温室効果ガスの量は14%削減される。製造段階では排出量が増えるが、廃棄のときが大幅に減る。ただし、レジ袋については、廃棄段階での削減効果があまりなく、トータルでは温室効果ガスの排出量が増える。したがって、レジ袋の場合は、どのような代替素材にすべきかをよく考える必要がある。

バイオプラスチックの使用が絶対解ではない

 これは、2019年の廃棄物資源循環学会誌に掲載された、京都大学の酒井伸一教授の「3Rプラス原則とライフサイクル的観点からみたプラスチック素材」という論文に書かれている例だ。排出する温室効果ガスを減らすという観点でみた場合に、プラスチックに代替素材を使う際の問題点が、ライフサイクル全体のなかでどこにあるのかが具体的にあきらかになる。「新しくバイオプラスチックを使うんだから環境によさそうだ」ではなく、その長所と短所、使う場合に克服すべき課題が客観的に示されるのだ。

 レジ袋については、一般社団法人「プラスチック循環利用協会」が、「LCAを考える」という冊子のなかで、つぎのような報告例を紹介している。「LCA」はライフサイクルアセスメントのことだ。

マイバッグを使う意義

 ここでは、繰り返し使えるポリエステル100%のマイバッグと、ポリエチレン100%のレジ袋のそれぞれ1袋について、原料の採掘から焼却処分するまでに、どれくらいの二酸化炭素を排出することになるかを計算している。その結果、マイバッグはレジ袋の約50倍の二酸化炭素をだすことがわかった。つまり、マイバッグの繰り返し使用回数が50回のとき、二酸化炭素の排出量については、レジ袋の使い捨てとほぼ同量になる。二酸化炭素の排出減を地球に対する「やさしさ」の指標にするなら、マイバッグは、それ以上の繰り返し使用が必要だ。

 マイバッグは重さもレジ袋の約10倍なので、心して繰り返し使わなければ、ごみは増えるし二酸化炭素も余計にだすことになる。とても雑な言い方になるが、プラスチックごみの量という観点からは、マイバッグは10回以上は繰り返し使う必要があり、二酸化炭素の排出を抑制するという観点からは、もっとハードルが高くて、それが50回ということになる。

現実を客観的に分析することが必要

 このように、プラスチックごみの問題を解決するといっても、それ以外にも考えるべきことはあり、一筋縄ではいかない。数量的な考え方を導き入れると、それがはっきりしてくる。また、地球の環境を守りたいという目的があったとしても、とにかくプラスチックごみによる環境汚染を優先的に抑えたいのか、あるいは、温室効果ガスの増加による地球温暖化の進行のほうを重視するのか、その立場や考え方も人によって分かれるだろう。

 環境問題では、物事が複雑に絡みあい、あちらを立てればこちらが立たずということも多い。そんなとき大切なのは、現実の客観的な把握とバランス感覚だ。現状をきちんと数量的に把握し、そのうえで、いまわたしたちができることの優先度を決めていく必要がある。さきほど触れたレジ袋とバイオマスプラスチックの話も、プラスチックごみの削減と地球温暖化防止のバランスをとった折衷案とみることもできる。プラスチックごみ問題を一過性のブームに終わらせないためにも、さまざまな困難を含め、わたしたちの立ち位置をこうしてしっかり自覚しておきたい。

(保坂 直紀)

ジャンルで探す