プロ棋士が将棋を指せなくなったら……ベストセラー闘病記『うつ病九段』がコミックに

 棋士生活30年目にして、先崎学(せんざき・まなぶ)さんを突然襲った病魔――「うつ」。

【マンガ】「うつ病九段」を1話から読む

 世間が藤井フィーバーで沸く中、突然の休場を余儀なくされ、リハビリを兼ねて綴った闘病エッセイのコミカライズ「マンガ うつ病九段」が文春オンラインで連載中です。

2017年9月からすべての対局を休場

 原作の先崎学さんは「羽生世代」の一人で、軽妙なトークと味わいのあるエッセイの名手としても知られる人気棋士。1987年に17歳でプロデビュー後、1991年に第40回NHK杯戦で同い年の羽生善治前竜王(当時)を準決勝で破り、棋戦初優勝を果たしています。棋戦優勝2回、A級在位2期という実績の持ち主で、2014年には九段に昇段します。

 ところが、2017年7月にうつ病を発症して、同年9月からすべての対局を休場しました。そして、1年間の闘病を経て2018年6月、順位戦で復帰を果たしました。

 マンガ家は河合克夫(かわい・かつお)さん(@osuwari)。「原作はいわゆる闘病記ですが、すごく深刻な辛さが描かれるなか、そこはかとないユーモアが滲む文章で、その辺のバランスがうまく漫画になればいいなと思っております」。  

誕生日の翌日に異変が起きた

ノリノリで演歌を歌う先崎さん。

 47歳の誕生日を迎えた先崎さん。家族と外食し、カラオケに行き、楽しく余裕のある生活を送っていました。しかし翌日……

自分の体に違和感を覚えます。

 全く疲れが取れていない上に、ほんのりと頭が重いのを感じます。

 1週間経っても治らず、症状は重くなるばかり。寝起きが辛く、起きているときは沈んだ気分が続きます。そして本格的におかしいと感じたのは、対局中のこと。

対局中の先崎さんの頭の中。河井さんの表現力に注目です。

「対局中に全く集中できない」。思考がまとまらず、読みもせずにふらっと指してしまいます。

うつ病と診断され、薬を処方されますが……

 それでも休めばなんとかなる、と考えるものの、日に日に眠れなくなり、得体のしれない大きな不安が彼を襲います。

先崎さんのお兄さんが登場。

 明らかに様子がおかしくなった夫を心配して、奥さんは先崎さんのお兄さんを呼びます。お兄さんは優秀な精神科医で、「まずはかかりつけの大学病院に行け」と強く勧めたのでした。

うつ病と診断され、薬を処方されますが……。

 病院での診察結果は「うつ病」。順位戦を控える先崎さんは、将棋会館に通いながらの回復を目指しますが、そのときの彼は「うつ病の怖さ」をまだ知らなかったのです……。

 幼少時代から将棋盤と向き合ってきた棋士が将棋を指せなくなったら、どうなってしまうのか――。

 続きはこちらから読めます。全話公開中(2019年9月時点)。

 先崎さんは「マンガ うつ病九段」について、「私の書いた本がマンガ化されるということで大変嬉しく思います。原作者の私も新鮮な気持ちで読んでいます。深刻な話ではありますが、ぜひ気軽に作品に触れて欲しいです」と期待を寄せています。

(「文藝春秋電子書籍」編集部)

ジャンルで探す