小学生の子を塾に通わせている理由は何? いまどきの塾事情とは

突然ですが、あなたのお子さんは塾に通っていますか? 何歳から塾通いをスタートさせて、週に何回通わせていますか?

いまや小学生ともなると、塾のひとつやふたつ通っているのがスタンダードな時代。そこで今回は、「みんな塾ってどうしてるんだろう…?」とお悩みのあなたのために、お隣さんの塾事情をこっそりとのぞいてみましょう。

そもそもどうして塾に行かせるの?

まず考えたいのは、「なぜ塾に行かせるのか」ということ。そこで現在子どもを塾に通わせているママに、その理由を聞いてみました。

「中学受験のためです。私立の中高一貫の学校に通いたい、という本人の希望もあって、週に3回、塾に通わせています」(小学4年生の女の子のママ)

「もちろん、小学校の授業の補習的な意味合いもあるけれど、正直、周囲のやんちゃな子と距離を置かせたい…という気持ちが強いですね。いじめっ子と無理矢理遊ぶ約束をさせられて、ということが多かったので、塾や習い事を増やして断る口実を作っています。これでいいのかな?と思ってしまいますが…」(小学5年生の男の子のママ)

「学校の英語の授業で英語が好きになった息子。『もっと英語を勉強したい』という本人のたっての希望で、英語の塾に通わせています」(小学6年生の男の子のママ)

「仲の良いお友だちが通っている塾に通いたい、と本人が言ってきたので。しっかり勉強をしてくれるようになったので結果オーライかな」(小学4年生の女の子のママ)

「我が家は夫婦共働き。学童保育が4年生までなので、学童の代わりに塾へ行かせています」(小学6年生の男の子のママ)

「中学受験は考えていませんが、いい高校には入ってほしい。そのための基礎学力作りだと考えています」(小学5年生の女の子のママ)

みなさん、さまざまな理由で塾通いを決断されたようです。もちろん、このような意見の方も数多くいらっしゃいます。

「塾は必要ないと思っているので行かせません。それよりも子どもには、外で元気に遊んだり、本を読んだりしてほしい」(小学6年生の女の子のママ)

「ただでさえ中学、高校へと進むにつれ勉強が大変になるんだから、せめて小学校時代はのびのびと過ごしてほしい。だからうちは塾通いは反対です」(小学4年生の女の子のママ)

「うちの子は勉強大嫌い。行かせても集中できないだろうから時間とお金のムダ。そのかわり家で1日1時間勉強を見て、サボらないようにしっかりと監視。塾でちゃんと勉強してくれる子がうらやましいです」(小学6年生の男の子のママ)

塾通いをスタートさせるのは何年生から?

次に気になるのが、いったい何年生から塾通いをスタートさせるべきなのか、ということ。

参考までに「国立青少年教育振興機構」が、2018年8月に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」を見てみると、「1週間のうちで塾がある日はどれくらいありますか?」という問いに対し、小学1~4年生の間はほぼ7割の家庭が「通っていない」と答えているのに対し、小学校5年生、6年生では「1 ~2日」と答えた家庭が約3割、「3~4日」と答えた家庭が約1割となりました。

この結果から推察すると、小学校高学年で塾通いをスタートさせる家庭が多い、ということになるかもしれません。ちなみに中学2年生になると、「塾に通っていない」と答えた家庭は約4割。つまり半数以上の家庭が塾に通うようになる、ということなのです。

ただし、「周りが通っているから」「なんとなく通わせておけば安心だから」という理由で通わせるのはいかがなものでしょうか。やはり、何か明確な目的を持って通わせてあげないと通う本人も苦痛でしょうし、お金と時間の無駄になってしまうと思いませんか?

「ただなんとなく通わせてみたけれど、結果、よかったかな」となればいいのですが、そうはいかない場合もあるのが現実です。

「何を得られるか」が大事

塾も習い事の一環として考えるのなら、そこから子どもが何を得ることができ、何を学ぶか…それが一番大切なのだと思います。

知識を深める、学習能力や学習習慣を身につけるなど、もちろん塾に通うメリットはたくさんあります。それらのメリットが今の我が子に本当に必要か、また考えている塾が我が子の性格に合っているか、しっかりと親が考えた上で、子どもの塾通いをどうするかを考えてあげられればベストですね。

参考:「青少年の体験活動等に関する意識調査(平成28年度調査)」(国立青少年教育振興機構)

ジャンルで探す