【一コマ漫画】1億総スキャンダル社会

 

 東京都議選が終わり、自民党が僅差で第1党の座を奪還した。
 しかし、自公の議席数が予想に反し過半数に届かなかったため、勝者なき選挙戦とも評された。

 

 都民ファーストの会は健闘し、過労で倒れていた小池都知事も最終日は応援に駆けつけ、第2党の座を確保する結果となった。

 

 

 都議選から一夜明けて、小池都知事は自民党本部で二階俊博幹事長と会談した。記者団から国政に転身する考えがあるか問われたると、「私はそういう意思を一度も言ったことがありません。なんで皆さんがそうやってお書きになるのか、理解できません」と述べた。

 

 しかし、質問に対し明確な否定もしていないので、国政復帰への伏線を残しているのかもしれない。
「一寸先は闇」とも言われる政治の世界。「一寸先は病み」とならないよう、体調管理には気をつけてほしいところだ。

 

作者:並木モッズ
デザイナー/イラストレーター/漫画家。Webデザインやビジネス書籍等の漫画を中心に活動。好きな言葉は『言葉にならない』。

ジャンルで探す