緊急事態宣言 11都府県に発令中

「シャーロック・ホームズの宿敵」があらゆるメディアで大人気なワケ

シャーロック・ホームズの宿敵は誰か。それは短編「最後の事件」に登場するモリアーティ教授だ。数学の天才にして、さまざまな犯罪の黒幕として暗躍する最強の悪役だが、最近はスマホゲームに登場したり、マンガの主人公になったりもしている。なぜここまで人気なのか。ホームズ研究家の北原尚彦氏が解説する――。

※本稿は、北原尚彦『初歩からのシャーロック・ホームズ』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

石畳の通り

写真=iStock.com/PytyCzech
※写真はイメージです

頭脳優秀な数学の天才

シャーロック・ホームズの宿敵は誰か、と問われると、あまり詳しくない人だと「アルセーヌ・ルパン?」と答えてしまうかもしれない。だがそれはモーリス・ルブランの生んだキャラクターであり、ルパンのシリーズ中に『ルパン対ホームズ』という単行本があるが故の誤解だろう。

コナン・ドイルの書いたホームズ・シリーズの中に登場するホームズ最大の宿敵と言えば、それはジェイムズ・モリアーティ教授しかいない。

モリアーティ教授は短編「最後の事件」にて登場。ホームズに言わせれば“犯罪界のナポレオン”であり、ロンドンの悪事と迷宮入り事件のほとんどの黒幕である。自らは手を下さず、多数いる手下を駆使する。何らかの悪事を働こうとするものは彼に相談すれば、手はずが整えられて、実行に移すことになるのだ。巣の中心にいるクモのようなものだ、ともホームズは語っている。

表向きは(というか実際に)数学の教授。名門の生まれで立派な教育を受けた、生まれながらにしての驚異的な数学の天才。21歳で二項定理に関する論文を書き、ヨーロッパ中にその名を轟(とどろ)かせた。英国のある大学で教授のポストを得たが、悪の道へと向かい始め、黒い噂が流れたために大学を辞めざるを得なくなった。ロンドンで陸軍軍人の個人教師になったが、いつしか犯罪界の王となっていたのである。

長身で痩せ型、深く落ちくぼんだ両目

外見は、背がものすごく高いけれども背中が曲がっている。がりがりに痩せており、額は張り出して、両目は深く落ちくぼんでいる。頭を前に突き出して、爬虫類のように左右にゆらゆらと動かしているのが特徴。

ふたりの兄弟がおり、ひとりはジェイムズ・モリアーティ大佐で、なぜかファーストネームが同じ。もうひとりがモリアーティ駅長だが、ファーストネームは不明。ジェイムズ・モリアーティ教授が長男なのか次男なのか三男なのかは、明記されていない(英語の「ブラザー」という単語は、兄なのか弟なのかを示さないため)。また大佐と同じ名前のため、「ジェイムズ・モリアーティ」という複合姓だ、とする説もある。

『小惑星の力学』という著作があるが、どのような内容か詳細は不明。教授としての年収は700ポンド。それなのに、4万ポンド以上するジャン=バティスト・グルーズの「子羊を抱く少女」という名画を所有している。

頭脳は優秀だが倫理的な罪悪感が欠如

部下は多いが、副官は射撃の名手セバスチャン・モラン大佐。またフレッド・ポーロックというチンピラもいるが、この男は暗号でホームズに情報を漏らしていた。

しかし数学の教授がなぜ犯罪組織のトップに……と思ってしまうが、おそらくは彼にとって綿密な犯罪計画を立てることが、数学の問題を解くのと同じなのだろう。優れた頭脳の持ち主だが倫理的なところで一般的な罪悪感が欠如していたため、犯罪王モリアーティが生まれてしまったのだ、と考えられる。

スイス・ライヘンバッハの滝で直接対決

ロンドンの犯罪界を仕切っていれば、犯罪を明るみに出して犯人を捕まえてしまうホームズの存在が邪魔になるのは当然。かくして「最後の事件」にて衝突することになり、挙句の果てにはスイスのライヘンバッハの滝で直接対決することになるのだった。

ホームズとモリアーティ教授の最終対決の舞台となった、スイス・ライヘンバッハの滝

写真=iStock.com/mmeee
ホームズとモリアーティ教授の最終対決の舞台となった、スイス・ライヘンバッハの滝

その後発表された長編『恐怖の谷』にも登場するが、これは時系列的には「最後の事件」よりも前に設定されている。そのため、「最後の事件」でワトスンがモリアーティ教授の噂を聞いたことがあるかとホームズに問われて「ない」と答えていることと矛盾してしまった(これについてはシャーロッキアンの研究の課題となっている)。

恐怖の谷』のバールストン館事件では、表立って姿こそ見せないが、裏ではモリアーティ教授が糸を引いていたのである。

このジェイムズ・モリアーティ教授は、ホームズにとって難敵である巨悪だが、伏線もなく「最後の事件」でいきなり登場する。これは作者コナン・ドイルが、シャーロック・ホームズを書き続けるのを止めるために、ホームズに匹敵し得る悪を必要としたがゆえである。このモリアーティとの対決の末、ホームズのシリーズは(一旦)終了するのだ。

ゲームやコミックでも大人気

北原尚彦『初歩からのシャーロック・ホームズ』(中公新書ラクレ)

北原尚彦『初歩からのシャーロック・ホームズ』(中公新書ラクレ)

(シャーロックの兄の)マイクロフト・ホームズ同様、モリアーティ教授もキャラクター的には非常に存在感があるため、彼を主人公としたパスティーシュも多数書かれている。

かつてはモリアーティ教授の名を知るのはシャーロッキアン(もしくは熱心なミステリファン)ぐらいだったが、現在ではスマホ用ゲームのキャラクターとして登場したり、モリアーティを主人公にした日本のコミック『憂国のモリアーティ』まで存在したりする。こちらは英国の階級社会を憂うモリアーティが、犯罪コンサルタントとして本当の悪を退治するする物語だ。

モリアーティ教授がダークヒーローとして活躍するというストーリーが成立するのも、シャーロック・ホームズ・シリーズが原典として強固だからと言えよう。

北原 尚彦(きたはら・なおひこ)
作家、ホームズ研究家
1962年生まれ。青山学院大学理工学部物理学科卒。作家、翻訳家、ホームズ研究家。日本推理作家協会会員。日本古典SF研究会会長。1990年『ホームズ君は恋探偵』(北原なおみ名義)で小説家デビュー。小説『シャーロック・ホームズの蒐集』と研究書『シャーロック・ホームズ語辞典』で日本推理作家協会賞候補。ほか小説『ジョン、全裸連盟へ行く』『ホームズ連盟の事件簿』等、研究書『シャーロック・ホームズ秘宝の研究』等、訳書キム・ニューマン『モリアーティ秘録(上・下)』等。ドラマ『ミス・シャーロック』等の監修を務める。

ジャンルで探す