「人は顔を見れば99%わかる」と断言する相貌心理学とは何か

占いや観相学ではない「相貌心理学」とは何か?

カバーや帯に女性著者の写真が載った本の多いこと。そういう写真はおしなべて知的美人風だ。この本は知的なビジンが書いているんですよ、さあいかがですというあざとい付加価値(筆者の僻みである)を乗せてその本は売られ、買われていくのである。人は顔じゃないぞ心だ、などと言ってみたところで、それほどに顔が訴え、あるいは囁きかけるものは大きい。

佐藤ブゾン貴子『人は顔を見れば99%わかるフランス発・相貌心理学入門』(河出書房新社)

佐藤ブゾン貴子『人は顔を見れば99%わかるフランス発・相貌心理学入門』(河出書房新社)

この本のタイトルだって『人は顔を見れば99%わかる』と断言しているではないか。99%もわかっちゃうのである。やだ困る。かつて自著タイトルで『女子の生き様は顔に出る』とぶち上げた私としては看過できぬ。だからこそ、この本の帯に掲載された著者「1億人以上の分析に基づくフランス生まれの“顔”の心理学」を紹介する「日本人初の相貌心理学教授」のご尊顔が、決してステレオタイプなお若い美人なんかではないところに、内容への揺るがぬ自信を感じられる一冊である。

人間誰しも、年を取って経験を積むにつれ、顔を見ればなんとなく相手の性格などを感じ取れるようになるもの。だが相貌心理学とは「学問であり、占いや観相学ではない」と著者は書く。相貌心理学とは、「1937年、フランスの小児精神科医でもあり臨床心理学者でもあったルイ・コルマンによって、顔と精神(内面)、顔と性格の相互関係を研究対象としてつくり上げられた学問」。

フランスでは学問としても人気

生まれつきの骨格や、表情筋のつき方などの客観的な特徴から、その個人の変わらない本質的な部分と、変わりうる性質を総合的に判断し、相手の思考や行動パターンを読み取り、パーソナリティーを分析する。臨床心理学者であったコルマンは、メソッドの確立にあたって1億人以上にものぼる顔分析データを集約。「フランスでは学問としても人気で、精神科の医師やカウンセラー、ファッション関係者などが相貌心理学者の資格を取得」、現在世界に約1200人いる相貌心理学者のうち、教授資格を持ち顔分析に99%の精度を誇る“プロフェッサー”はたった15人で、唯一の日本人がこの著者だという。

フランスでは心理学の一分野として、ビジネス分野では「お客様とのコミュニケーション、人材育成、もしくは適材適所の人材配置といったマネジメントに応用」されているというから、人事にも関わってくるもよう。採用面接にやってきた4人の候補者のうち、誰がリーダーになる資質のある人材かを人事の目で見抜くという、本書の入り口も実にキャッチーだ。

自分やライバルはリーダーになれる顔か、あるいは気になるあの女性をどう攻略するか。そんな関心も高いであろう読者諸賢、ぜひこのフランス流顔分析で、ご自身や彼らのポテンシャルをご確認いただきたい。

河崎 環(かわさき・たまき)
コラムニスト
1973年、京都府生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。時事、カルチャー、政治経済、子育て・教育など多くの分野で執筆中。著書に『オタク中年女子のすすめ』『女子の生き様は顔に出る』ほか。

ジャンルで探す