新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

【長生きのレシピ】がん治療で知っておいてほしい「最先端治療のリスク」

代替治療を選択する際には、客観的に相談に乗ってくれる人の意見も大切にしたい

【緩和ケア医・大津秀一 長生きのレシピ】がんについての第3弾となります。今回は多くのがん患者も悩む「標準治療」「代替治療」について取り上げます。

 まず標準治療とは、国立がん研究センターのHPによると「科学的根拠に基づいた観点で、現在治療できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療」を指します。同時に多くの患者さんが惑わされやすいのは「最先端の治療」をうたう代替治療ですが、この点に関しても同センターはこのように記しています。「最先端の治療が最も優れているとは限りません」

 ここまで注意喚起するのも、最先端の治療をうたう医療機関にわらをもつかむ気持ちで飛び込む方が多いため。ただでさえがんになったことで不安感が大きくなっていることに加え、かかりつけ医がそっけない態度を見せたりすることで一気に怪しい治療に飛び込む方もいます。

 知っておいてほしいのは、エビデンスのない治療、高額の医療を受けるのはしばしば賭けに等しいという点、相当なリスクもあることを忘れないでほしいです。ときに標準治療を拒否し、新たなクリニックに移り「がん難民」になる恐れもあるのです。

 がん難民とは、一般的にがんの高度進行期や末期の状態にもかかわらず、主治医といえる存在やいざというときに入院する病院がなくなってしまう状態を指します。標準治療を施すA病院への通院を終了し、Bクリニックを受診したとします。ただBクリニックにはベッドがなく、もしBクリニックが勧める治療法が合わずに状態が悪くなった場合、もともとのA病院に相談しても、主担当の医療機関はBクリニックに移行したことになりますから、入院を受け入れてくれない可能性もあるのです。

 とはいえ、「標準治療以外の治療法を試したい」という方もいらっしゃいます。その場合は標準治療に加えて、他の治療法を足す形をお勧めします。これまで過去のデータでは肺がん、大腸がん、前立腺がんなどでの転移例の調査において、代替治療のみ行った場合は標準治療と比べて、死亡リスクが2・5倍になったとの報告もあります。

 なかなか活路が見いだせない中、新たな治療法を模索する気持ちは理解できます。ただ高額な自費診療での免疫療法等の代替治療にはエビデンスも少なく、ある一定の人には効いたように見えたとしても、多くの人にとって有益かどうかまでは分からない場合も多いです。

 代替治療を選択する際にはリスクをしっかり把握した上で、有事の際の入院先も確保するなど準備して取り組むようにしましょう。また、全国のがん診療連携拠点病院などに設置されている「がん相談支援センター」(地域の方ならば無料で患者さんや家族の相談を受け付けます)や、早期緩和ケア外来といった客観的に相談に乗ってくれる場で様々な意見を聞いて決めるのがいいでしょうね。

 ☆おおつ・しゅういち 茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。内科専門研修後、ホスピス、在宅、ホームなど様々な医療機関で終末期医療を実践。東邦大学病院緩和ケアセンター長を経て、オンライン診療も行う早期緩和ケア大津秀一クリニックを設立。多くの終末期患者と向き合ったことで、予防医学にも力を入れる。著書に「1分でも長生きする健康術」(光文社)、「誰よりも早く準備する健康長生き法」(サンマーク出版)など多数。

ジャンルで探す