窃盗未遂容疑などでベトナム国籍の2人逮捕 連続強盗との関連捜査へ

栃木県警本部=宇都宮市で、李舜撮影

栃木県警本部=宇都宮市で、李舜撮影

 栃木県日光市で発生した強盗事件の被害品のキャッシュカードで現金を引き出そうとしたとして、栃木、群馬、長野3県警の合同捜査班は16日、ベトナム国籍で住所不詳の自称内装工、ホアン・フー・ホア容疑者(25)を窃盗未遂容疑で逮捕したと発表した。3県と福島県では4月末から山間部の民家を狙った強盗事件が4件発生しており、捜査班は関連を調べる。

 逮捕容疑は4月30日午前5時ごろ、栃木県佐野市のコンビニエンスストア内の現金自動受払機(ATM)で、キャッシュカードで現金を引き出そうとしたとしている。このカードは同日午前1時過ぎに日光市の民家で起きた強盗事件で奪われたもので、利用停止となっていたため現金は引き出せなかった。容疑を否認しているという。

 また、栃木県警などは15日にホアン容疑者を群馬県高崎市内の宿泊施設で逮捕する際、一緒にいた住所不定、無職、マイ・バン・シー容疑者(23)=ベトナム国籍=を出入国管理法違反(不法残留)の疑いで逮捕した。

 3県と福島県の山あいの民家では4月末から今月14日にかけて、2人組の男性が民家に押し入り、住民を縛ったり脅したりして金品を奪う事件が4件発生している。捜査班は関連を捜査する。【池田一生】

ジャンルで探す