政府の緊急事態宣言 今後の方針は

藤井聡太王位に初の関西囲碁将棋記者クラブ賞 本因坊文裕は2年ぶり

藤井聡太王位=幾島健太郎撮影

藤井聡太王位=幾島健太郎撮影

 第29回関西囲碁将棋記者クラブ賞の選出結果が11日発表された。将棋は藤井聡太王位(18)が初受賞、囲碁は本因坊文裕(もんゆう)(32)=井山裕太九段=が2年ぶり13回目の受賞となった。

 2020年(将棋は年度)に活躍した棋士を対象に、関西の担当記者の投票でそれぞれ最多票を集めた。藤井は史上最年少で初タイトルの棋聖を獲得後、王位も奪取して2冠となり、新型コロナウイルス禍の社会に将棋界の枠を超えて明るいニュースをもたらした。

 文裕は本因坊戦を9連覇し、芝野虎丸名人(当時)からタイトルを奪取して棋聖と合わせて3度目の大三冠となった。【新土居仁昌】

ジャンルで探す