新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

河津桜、28日からライトアップ 千葉・八千代で300メートル

ライトアップされた千葉県八千代市新川沿いの河津桜=2019年3月10日撮影(同市提供)

ライトアップされた千葉県八千代市新川沿いの河津桜=2019年3月10日撮影(同市提供)

 コロナ禍で多くのイベントが中止される中、千葉県八千代市で28日から新川沿いの桜並木のライトアップが始まる。

 市を縦断する新川沿いには、国内最長級となる4・6キロに695本の河津桜が植えられており、2017年から毎年、桜まつりが「八千代新川千本桜まつり実行委員会」によって開かれてきた。

 まつりはコロナ禍で昨年に続き今年も中止を決定したが、少しでも人々を元気づけたいと、国道16号八千代橋から約300メートルの桜並木をライトアップすることにした。

 ライトアップは3月14日まで毎日午後5~8時に実施(雨天中止)。同実行委は、来場時のマスク着用やソーシャルディスタンスの確保など感染防止への協力を求めている。詳しくは同市観光協会のホームページ(https://www.yachiyo-kankou.com/)などを参照。【山田利和】

ジャンルで探す