各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

福島知事「今週末の首都圏への往来控えて」 郡山市も自粛を要請

福島県の内堀雅雄知事=渡部直樹撮影

福島県の内堀雅雄知事=渡部直樹撮影

 新型コロナウイルス感染が急速に拡大する東京都による外出自粛などの要請を受け、福島県の内堀雅雄知事は27日、県民に向け「東京方面への今週末の不要不急の往来は極力控えるようお願いします」との県民向けのメッセージを出した。都内だけでなく首都圏への往来も避けるよう求めている。

 この日の感染症対策本部員会議で示した。内堀知事は「自分自身が感染症にかからないために、さらには感染を広げないために、三つの『密』(密閉空間、人の密集する場所、多数の人が密接に接触する場面)を避けてください」などと要望した。

 会議ではまた、26日に政府が改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部を設置したことを受け、県でも同日、同法に基づく県対策本部を設置したことが報告された。

 首相が緊急事態宣言を発令した場合、県も知事が外出自粛や施設の使用制限などを要請できるようにした。クラスター(患者集団)の早期発見や患者の早期診断、医療提供体制の確保に結びつけるためとしている。

 郡山市も27日、市条例に基づく新型インフルエンザ等対策本部(本部長・品川万里市長)の初会合を開いた。市幹部で構成し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために政府が設置した対策本部が示す基本的な対処方針や行動計画を実施する連絡調整を行う。

 また、東京など1都4県が感染拡大防止のために外出自粛などを求めた共同メッセージに賛同し、首都圏への移動を控えるよう、市民への周知を申し合わせた。品川市長は「一衣帯水の関係にある1都4県の課題は我々の課題。感染拡大を防ぐ態勢強化に努めたい」と述べた。【柿沼秀行、笹子靖】

ジャンルで探す