「スキンシップのつもり」男子生徒の耳くわえる 男性教諭、懲戒免職 神奈川県教委

写真はイメージ=ゲッティ

写真はイメージ=ゲッティ

 神奈川県教委は26日、男子生徒にわいせつな行為をした横須賀市立中学校の男性教諭(33)を懲戒免職にした。また、勤務校の親睦会を巡ってずさんな金銭管理をして使途不明金を出したなどとして、県立岩戸養護学校の男性校長(59)を停職1カ月にした。

 県教委によると、教諭は2019年10~11月、停車中の自家用車内で、顧問を務めていた部活の元部員で現在は高校1年の男子生徒の耳たぶをくわえるなどわいせつな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反で書類送検され、横須賀簡裁から罰金10万円の略式命令を受けた。県教委の聴取に対し「スキンシップのつもりだった」と話しているという。

 校長は県立鶴見養護学校の校長だった15~17年に教員らと複数回、親睦会を開いた際、親睦会名義の銀行口座から現金を引き出し、計34万7000円の使途不明金を出すなどした。【木下翔太郎】

ジャンルで探す