山形大副課長が537万円着服、懲戒解雇 パチンコ代に使う

 山形大は14日、米沢キャンパス事務部の男性副課長(53)を同日付で懲戒解雇としたと発表した。大学が管理していた二つの任意団体の資金約537万円を着服し、パチンコ代に使ったとしている。上司3人を同日、けん責処分とした。

 同大によると、副課長は学務課所属だった2015年10月~19年5月、パソコンなどの物品を購入したように見せかけたり、架空の事務費を計上したりするなど、工学部学友会から19回にわたって計約207万円を着服した。また16年4月~18年10月、ゴミ処理費や工事代金を架空計上したり、学生の行事経費を水増ししたりするなど、工学部後援会から14回、計約330万円を着服した。

 入出金が合わないことに昨年、後任者が気づき、大学が調査していた。副課長は「大変申し訳ないことをした」と事実関係を認めているという。大学は横領容疑などで刑事告発を検討している。

 小山清人学長は「迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。【後藤逸郎】

ジャンルで探す