東名あおり事故後、警察聴取にうそ 被告人質問

萩山さん一家と石橋被告の間で起きたトラブル※検察などの説明に基づき作成

 神奈川県の東名高速であおり運転により停止させられた車がトラックに追突され夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判員裁判の公判が7日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であった。被告は被告人質問で、事故後に警察の聴取を受けた際、捕まりたくない一心から「夫婦の車にあおられた」とうそをついたことを明らかにした。

 死亡したのは、静岡市の萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)。検察側によると、被告は昨年6月5日夜、東名下り線で夫婦らの車を高速道上に停車させ、そこにトラックが追突した。

 公判には、事故時に被告の車に同乗していた元交際相手の女性も証人出廷し「罪をつぐなってほしい」と述べた。弁護側に償い方を問われた被告は「どういうふうにしていけばいいかわからんです」と話す一方、「今後、車に乗る資格はない」と話した。【木下翔太郎、杉山雄飛】

ジャンルで探す