阪急神戸線:電動車いすで踏切横断中の男性はねられ死亡 

 16日午後7時15分ごろ、神戸市灘区の阪急神戸線王子公園-六甲駅間の踏切内で、電動車いすで横断中だった同区天城通2、無職、向井弘一さん(73)が、神戸三宮発西宮北口行き普通電車にはねられた。向井さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡した。兵庫県警灘署は、向井さんの車いすが何らかの理由で踏切内で動けなくなり、電車と衝突したとみている。

 同署によると、踏切の遮断機は下りた状態だった。その後、踏切内で動けなくなり、立ち上がって避難しようとする向井さんの姿を通行人が目撃していたという。

 事故の影響で当該電車は現場に約1時間15分停車。夙川-新開地間で一時、運転を見合わせた。【米山淳】

ジャンルで探す