西日本豪雨:熱中症の懸念広がる 専門家「休憩こまめに」

 西日本を襲った豪雨被害で、住民やボランティアが片付け作業に追われる被災地では、熱中症への懸念も広がっている。専門家は「睡眠や食事を十分にとれず、ストレスを抱える被災者は熱中症になりやすい」と指摘。断水が続いている地域もあり、「休憩をこまめにとってほしい」と注意を呼び掛ける。

 熱中症に詳しい三宅康史・帝京大医学部付属病院高度救命救急センター長は「体力や体調を見極めながら、涼しい場所に行くなど質の良い休憩を取ることが大切」と指摘する。日光を反射する白色の風通しのよい服を着ること、スポーツドリンクがあれば口にして水分や塩分を補給することも重要。体を冷やす場所は首や脇の下、手足などが効果的だ。

 高齢者は特に熱中症になりやすい。三宅センター長は「片付け作業をしている時、被災者がきちんと休めるよう周りが配慮してほしい。ボランティアも病気になると現場の負担になるので、体調を管理する人を置くことが望ましい」と話している。【芝村侑美】

<熱中症予防に必要なことは>

▽涼しい場所への避難を心がける

▽通気性や速乾性のある衣服を着用する

▽首や脇の下、手足など体を冷やす

▽こまめに水分を補給する。水道水を使えなくても避難所でミネラルウオーターやスポーツ飲料を手に入れる

▽外出時は大きめの帽子をかぶり、こまめに休憩する

【熱中症の症状】めまいや立ちくらみ、手足のしびれ、頭痛、吐き気、倦怠(けんたい)感など

ジャンルで探す