大阪万博誘致:「11月投票まで油断できない」松井知事ら

 【パリ津久井達】2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向けたプレゼンテーションから一夜明けた14日(現地時間)、大阪府の松井一郎知事や大阪市の吉村洋文市長らは博覧会国際事務局(BIE)加盟国の大使らと相次いで個別に会談し、改めて支持を呼び掛けた。松井知事は記者団に、「日本のプレゼンは評価されたが、11月の投票まで油断できない」と語った。

 誘致委員会によると、松井知事ら誘致委幹部はこの日、2組に分かれて計8カ国の大使と会談。途上国に対しては、万博の開催期間中にスタッフの住居を提供するなど具体的な支援策について説明したという。

 同行した大阪商工会議所の尾崎裕会頭は「世界中で活動している会社から各国の政府に訴えるなどして大阪の万博を世界に広めたい」と述べた。

ジャンルで探す