福岡県警:中間市議が恐喝容疑 取引先に「工藤会」示唆

 特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)との関係を示唆して取引先の男性から現金を脅し取ったとして、福岡県警は13日、同県中間市の同市議、米満一彦容疑者(76)ら2人を恐喝容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、逮捕容疑は2016年、男性が福岡県内に太陽光発電所を建設した際、資材を供給していた米満容疑者が経営する建築資材会社と男性が工事を巡って金銭トラブルになり、男性に「支払いに応じないなら工事を妨害する」と脅迫して現金数百万円を脅し取ったとしている。

 米満容疑者は過去に工藤会の前身団体の傘下組織組員として活動し、一時は組長だったこともあった。

 米満容疑者は組織の活動から離れた後の1995年に初当選。昨年6月の市議選では無所属で立候補し7期連続当選を果たした。

 現在も工藤会との関係が指摘されており、16年10月に同市を拠点とする工藤会傘下組織の事務所用地(140平方メートル)を市に売却した際、市側と傘下組織の売買交渉の仲介をしていた。

ジャンルで探す