『Believe』緊張感漂う撮影で木村拓哉を癒す、大物俳優の“爆笑モノマネ”

「木村さんと天海さんの初共演という話題性に加え、ヒューマンドラマであると同時にサスペンスの要素が視聴者をひきつけ、回を追うごとに注目度が大きくなっています」(スポーツ紙記者)

今クールの連続ドラマで話題を呼んでいる作品の1つが、木村拓哉(51)主演のドラマ『Believe―君にかける橋―』(テレビ朝日系)だ。木村が演じているのは、橋づくりに情熱を燃やす主人公・狩山陸。思わぬ困難に見舞われながらも、狩山が“再生の道”を模索するというヒューマンドラマだ。キャストには木村の妻役を演じる天海祐希(56)のほか、竹内涼真(31)、斎藤工(42)、上川隆也(59)といった“主演級”が勢ぞろい。5月23日放送の第5話で緊迫の“逃亡編”が完結、第6話からは《驚愕の真相編へ》と予告されている。

「キャストのスケジュールの都合もあり、ドラマは3月頭にクランクインしましたが、これは通常の春ドラマよりかなり遅く、撮影はギリギリの状況で進められています。台本も放送回に近いものしか上がっていないため、現場はどこかピリピリしたムードに包まれています」(テレビ局関係者)

そんな緊張感漂う現場で、ある俳優の気遣いが和やかな空気を作りだしているという。

「天海さんです。初共演となる木村さんと夫婦の役どころですが、撮影中はもちろん、それ以外でも木村さんを立てて、“妻役”に徹しているのです」(前出・テレビ局関係者)

そんな天海の姿勢が、撮影現場の雰囲気づくりに一役買っているという。“夫婦”にはこんなエピソードも――。

「撮影の合間、待ち時間が少し長引いたことがあったんです。少し、現場の空気が重く感じられてきところに、木村さんが突然『待ち時間が長いですよね、黒柳さん?』と、天海さんに話をふったんです。すると天海さんが『いや、ホントそうなんですよ。困っちゃうわよね~』など、黒柳徹子さんのモノマネで巧みに返したのです。この掛け合いにスタッフ一同爆笑に包まれ、一転現場は明るい空気になりました」(前出・テレビ局関係者)

じつは天海は“モノマネ好き”で有名。黒柳のネタはテッパンのレパートリーだという。

「そんなやり取りもあるように、木村さんと天海さんは共演者やスタッフたちとも息はピッタリ。木村さんはいつもドラマごとにLINEのグループを作るのですが、今回は天海さん始め、竹内さんや斎藤さんたちとLINEでこまめに連絡を取り、士気を高めているんです」(前出・テレビ局関係者)

“ビリーバブル”な仲間たちが、座長を務める木村にとって心強い存在であるようだ――。

ジャンルで探す