死体損壊容疑で逮捕の人気元子役・若山耀人容疑者 10年前に語っていた“悲しい夢”

栃木県那須町の河川敷で焼損した夫婦の遺体が見つかった事件で、5月1日、実行役として元子役の若山耀人容疑者(20)が逮捕された。

若山容疑者は同時に逮捕された姜光紀容疑者(20)と共謀し、飲食店経営の宝島龍太郎さん(享年55)と妻の幸子さん(享年56)の遺体に火をつけて損壊した疑いが持たれている。仲介役とされる平山綾拳容疑者(25)は、二人は犯行後に250万円ずつの報酬を受け取ったと話しているという。

かつて子役として活躍していた若山容疑者。’14年に放送されたNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』では、岡田准一(43)演じる主人公の黒田官兵衛の幼少期・万吉を演じていた。さらに、その際の演技が評価され官兵衛の息子・松寿丸役として再登板。

当時、中日新聞のインタビューに対し若山容疑者は、憧れの俳優は「かっこいいし、演技も上手」だとして、岡田准一の名前をあげている。そして、将来の夢についてもこう語っていた。

「大人になっても人気のある俳優になりたい」(『中日新聞』14年4月2日夕刊)

大河出演で脚光を浴びると、夢に向かって邁進した。『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)、『Nのために』(TBS系)、『精霊の守り人』(NHK)など数々のドラマに出演。‘16年には映画『ぼくが命をいただいた3日間』で主演を務め、’18年の映画『曇天に笑う』にもメインキャストのひとりとして好演した。NHK Eテレの子供向け番組『未来広告ジャパン!』でも、第1期レギュラーに抜擢されるなど、幅広い活躍を見せていた。

将来を嘱望されていた俳優だった彼の身に何が起き、非道な犯罪に手を染めることとなってしまったのかーー。5月2日の朝、送検のため留置先の東京・大田区の警視庁田園調布署を出た若山容疑者の首元には、翼のようなタトゥーが描かれていた。子役時代にチャームポイントだった大きな目は今も印象的。

しかしその眼差しは暗く、じっと地面を見つめていた。10年前に語っていた夢からかけ離れた現在に、今何を思うのか――。

ジャンルで探す