死体損壊容疑で逮捕の『軍師官兵衛』元子役 “首にタトゥー”の激変ぶりにネット衝撃「何があった?」

5月1日、栃木県那須町の河川敷で焼損した夫婦の遺体が見つかった事件で、その実行役として元子役の若山耀人容疑者(20)が逮捕された。その姿の激変ぶりに驚きの声が寄せられている。

各メディアによると、若山容疑者は同時に逮捕された姜光紀容疑者(20)と共謀し、飲食店経営の宝島龍太郎さん(享年55)と妻の幸子さん(享年56)の遺体に火をつけて損壊した疑いが持たれている。二人は、すでに逮捕されている平山綾拳容疑者(25)の依頼を受け、事件があった日の午前0時ごろ、宝島さん夫婦と都内の空き家で接触し、何らかの暴行を加え、平山容疑者の車で那須町の遺棄現場に向かったとみられている。平山容疑者はこの2人について、『渋谷のクラブで知り合った』と供述していたという。

若山容疑者はかつて子役として活動しており、’14年に放送されたNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で岡田准一(43)演じる主人公の黒田官兵衛の幼少期・万吉、官兵衛の息子・松寿丸の二役を演じたことで一躍有名に。その後も14年のドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)や、’18年の映画『曇天に笑う』のメインキャストのひとりとして出演していた。

また、NHK・Eテレの子供向け番組『未来広告ジャパン!』の第1期レギュラーとしても活躍。狩野英孝(42)が扮するカノの後輩ディレクター役・キラトとして、CMを通して日本の未来を考えるという番組に携わっていた。

子役時代は、名前の通りキラキラとした瞳を持つ、無垢で爽やかな印象だった若山容疑者。一方、ニュースなどでは逮捕された若山容疑者の様子が報じられたが、その変化に衝撃を受ける人が続出した。

十字架のラインストーンが入った真っ黒のパーカーを着用し、フードを目深にかぶって俯く若山容疑者の耳には大きなピアスが複数つけられていた。さらに、首すじなどにはタトゥーのような模様が入っており、かつての可愛らしいイメージとは一変している。

《若山耀人容疑者、首にタトゥーも入れてるじゃん。何があった?》
《Eテレにも出てて、演技うまいなぁーって感心してたのに… 首にもタトゥー入ってるし… 残念だわ》
《若山耀人くん、子役時代はとっても爽やかだったのに、人相というか、印象もだいぶ変わってる》
《若山耀人容疑者、もみ上げのところにタトゥー入ってますかね? どんな心境や環境の変化があったのか……》

若山容疑者は‘18年以降は表舞台から姿を消していたという。この数年で何が起こったのか。真相究明が待たれるーー。

ジャンルで探す