松本人志 76日ぶりのX更新で見せた“異変”新たにフォローした「4人の共通点」

《人を笑わせることを志してきました。たくさんの人が自分の事で笑えなくなり、 何ひとつ罪の無い後輩達が巻き込まれ、自分の主張はかき消され受け入れられない不条理に、ただただ困惑し、悔しく悲しいです。世間に真実が伝わり、一日も早く、お笑いがしたいです》

3月25日夜にXでこう綴ったのは、ダウンタウンの松本人志(60)。

昨年12月に性加害疑惑を報じた「週刊文春」の発行元・文藝春秋を相手取り、約5億5000万円の損害賠償や訂正記事を求めた訴訟の第一回口頭弁論が28日に控えている。裁判に注力するため現在は活動休止しているが、約2カ月ぶりに更新したXで苦しい胸中を明かしたのだ。

松本の投稿はすでに6000万件以上のインプレッションを集め、ファンからは《松ちゃん頑張れ!!!》《ずっと応援しています。 早く復帰してほしいです》とエールが広がっている。

いっぽうで報道以降、松本本人による発信はXでの投稿のみ。その内容は《いつ辞めても良いと思ってたんやけど… やる気が出てきたなぁ~》(’23年12月28日)や《事実無根なので闘いまーす。それも含めワイドナショー出まーす》(’24年1月8日)といった、シンプルな呟きだった。

そうしたことから、松本の“自分の主張はかき消された”との訴えが判然とせず、疑問を抱いた人もいたようだ。Xでは《かき消されたまっちゃんの主張ってなんなん?》《主張があるのなら会見開いたらいいのに》と、指摘する声も上がっている。

松本がXで沈黙を破ったことが注目を集めるなか、その陰では松本のアカウントに“異変”もあったようだ。

「これまで松本さんのアカウントは、フォロー数が70件でした。ですが25日に投稿が更新されると、直後にフォロー数が74件に増えたのです。松本さんのアカウントが新たにフォローしたのは、セクシー女優の霜月るなさん(33)やAV監督の村西とおるさん(75)、ミュージシャンのASKAさん(66)、競馬評論家として活動するインフルエンサーのアカウントだと言われています。彼らに共通するのは、松本さんをめぐる『週刊文春』の一連の報道に異論を唱え、松本さんを応援していることです。実際にASKAさんは松本さんの投稿に、《大丈夫。世間が放っておかないから》とエールを送っていました」(WEBメディア記者)

Xではこのことに気付いた人たちから、《松ちゃん、応援してくれてた人をフォローしてる》《やだ 泣いちゃったやんか》との声が上がっている。

新たなフォローは、応援してくれる人々への“感謝”の表れなのだろうか。

ジャンルで探す